周辺施設の御案内・3

 
天保山ハーバービレッジ

天保山の観覧車
 築港地区の北岸、CASOからは歩いて15分ほどです。
もとは倉庫地区でしたが、1990年頃からアミューズメントエリアとしての開発が進んでいます。







 天保山ハーバービレッジの施設群:
海遊館ホテルシーガル天保山マーケットプレイス、大観覧車


参考リンク:
大阪観光案内



海遊館・天保山マーケットプレイス

・海遊館

まめ知識:「ファイト・クラブ」「アメリカン・ヒストリーX」「僕たちのアナ・バナナ」などの主演で注目を浴びる米国の俳優エドワード・ノートン。彼は、ボストンやボルチモアのウオーターフロント開発で有名な、一族の経営する再開発会社がプランニングを行った天保山地区開発のために、一年近く大阪に住んでいたという。
 世界最大の水族館。
 環太平洋火山帯(リング・オブ・ファイア)、環太平洋生命帯(リング・オブ・ライフ)をコンセプトにしています。環太平洋地域の様々な水域(熱帯の海岸や寒帯の海、日本の近海など)を再現した水槽群のなかでも、ジンベエザメやマグロなどが回遊する「太平洋槽」は圧巻。夜間の魚達の生態を見せる「夜の海遊館」などの企画や研究活動も活発です。
 一見の価値あり。

 開館時間:
  10:00〜20:00(季節による)

 海遊館の西側の波止場から直接ユニバーサルシティーの浮き桟橋に向かう高速船が出ています。(400円)



天保山マーケットプレイス、大観覧車
天保山ハーバービレッジ
 海遊館の入口に広がる天保山マーケットプレイスは、港町のリゾート色にあふれたアミューズメントエリア。
 レストラン、ファストフード、物販店舗、週末はクラブイベントも行うライブハウス「ベイサイド・ジェニー」などが集まります。海遊館前の広場は、休日には大道芸でにぎわいます。
 東側にある大観覧車は、地上高112.5mと世界最大級。大阪湾岸を一望できます。