版画工房ノマルエディション展

NOMART01



企画 版画工房ノマルエディション(大阪市城東区)
会期 2001年7月24日(火)〜8月12日(日)
会場 海岸通ギャラリー・CASO スペースA〜D


版画工房ノマルエディション展 NOMART01

 本展覧会は、大阪市の東部・深江橋にある現代美術の版画工房、ノマルエディション設立12周年にあたり、当初からの工房の軌跡を振り返る展覧会です。

 1989年、当時日本ではまだ少なかった、刷り工場だけでなく出版機能も持った版画工房を目指し、「版画工房ノマルエディション」が設立されました。木村秀樹氏と5点組版画集およびそれまでの全作品をまとめたカタログを制作、出版記念展を企画・実施したのを皮切りに、今日まで現代美術の作品制作・出版・企画を継続して行っています。
 中国人アーティスト・蔡國強氏のプロジェクトの技術協力、マネジメント、カタログ出版などのプロジェクト・コラボレーションを行ってきたのをはじめ、フランス人アーティスト・ジョルジュ・ルース氏の阪神淡路大震災後の「阪神アートプロジェクト 廃虚から光へ」の事務局を運営したほか、主として関西在住の絵画・立体などの作家と分野を超えて版画の共同制作を行ったほか、立体などの作品の共同制作、工房内のギャラリー「プロジェクト・スペース」での展示、カタログ・ポスターなどの出版を行うなど、精力的かつ実験的なコラボレーションを展開してきたパブリッシャーです。
 2001年に入り、関西圏の有望な若手作家を支援・育成するプロジェクト”Nomart Projects 2001”(企画:清水穣氏)を開始し、グループ展・個展のシリーズやワークショップなど意欲的な企画を進めています。




 今回の展覧会ではノマルエディション12年の軌跡を振り返り、関西から発信する新しい美術制作現場のあり方を広く一般に問いかける試みです。





 1・ 版画工房で制作してきた作品の中から、各作家の代表的な作品を展示。

 2・ 1999年から開始した展示スペース「ノマルエディション/プロジェクトスペース」で
   企画した展覧会の作品を展示。"Nomart Projects"で展示した若手作家の作品も 展示。

の2つから展示を構成します。

また、これまで制作したカタログ・Tシャツ・ポスターなどの販売を行うミュージアムショップも開設いたします。


出展作家
一覧
秋岡 美帆、 出原 司、   伊庭 靖子、 今村 源
植松 奎二、 大久保 英治大島 成己、 片山 雅史
木村 秀樹、 蔡 國強、   中川 佳宣、 中原 浩大
名和 晃平、 古川 智大、  政田 武史、 山田 佐保子

■ 主催:版画工房ノマルエディション
■ 協賛:株式会社住友倉庫、ギャラリーヤマグチ、株式会社フェリシモ、
    株式会社大伸社、有限会社一風堂、大宝運輸株式会社


オープニングレセプション
7月28日(土)午後5時〜7時・海岸通ギャラリー・CASOにて


植松 奎二(立体・版画)、伊庭 靖子(平面・版画)、山田 佐保子(版画・立体)、中川 佳宣(立体・版画)

植松 奎二 中川 佳宣
伊庭 靖子 山田 佐保子

木村 秀樹(版画)、秋岡 美帆(版画・写真)、出原 司(版画)

木村 秀樹 出原 司、秋岡 美帆

 


大島 成己(版画・写真)、今村 源(版画・立体)、政田 武史(平面)、古川 智大(写真)

大島 成己 今村 源
古川 智大、政田 武史



蔡 國強(版画)、片山 雅史(版画)、大久保 英治(版画)、中原 浩大(版画)、 名和 晃平(版画)

蔡 國強 中原 浩大、名和 晃平
片山 雅史、大久保 英治、中原 浩大 片山 雅史
中原 浩大 大久保 英治



レビュー

 

 








▲back