natural diary  冬耳 FUYUJI



 



 僕を形成する様々なもの。手、足、指、眼、口、鼻、内臓、血、骨、筋肉、タンパク質、カルシウム、鉄分…その1つ1つを形づくっている細胞たち。そして、そこに組み込まれている僕という情報元であるD.N.A.たち。
真っ白い紙にキャンバスに線を描く時、色を並べる時、造る時、壊す時、これまでの人生で出会った様々なもの、様々な人々、僕達を包み込んでいる自然、何千、何万という色んな要素が何億という僕のD.N.A.たちと混じりあい食べたり食べられたり変化しながら画面の上に流れ出ていく。僕という存在が細胞達が色とりどりの線となり面となり白い世界に形成されていく…。
僕の作品は日記の様なもの。毎日の生活の端々に存在する“何か”を見つめ続けたい。
 D.N.A.に命令されるがごとく僕は白い画面にそれを記している。


 略歴
1976年 
京都に生まれる
2001年 大阪美術専門学校卒業
 グループ展
2000年 "PEP ART" Galley Den
2002年 "ノーマーク" ギャラリー千