現代美術
インディペンデント
CASO
Independent CASO exhibition 2002

前期出展者
(2002.7.2-7.14)

↑クリックで各作家の詳細のページへ

後期出展者
(2002.7.23-8.4)

↑クリックで各作家の詳細のページへ

前期 トークショー、パーティー(7.6) 後期 トークショー、パーティー(7.27)
中井 浩史 藤原 翠
中比良 真子 百田 力也
Art Production 美美 宮崎 泰彦
野口 リサ GROUP/3 [夢限]
山本 亜紀 西口 慎太郎川ア 輝彦野田澤 聡
七海 壽 支離滅裂隊
塩田 沙恵子 阪口 マサコ
西 憲治 山本 高
Andrew W. 吉川 舞
笹田 潤 新谷 麻木
フクダ マユミ 笹口 悦民
野々村 友美井野戸 美華 YOKO
上野 須賀子 横浪 修
川嶋 守彦 小林 善隆
平田 洋一 三好 るり
井上 香織祖父江 佐弥子


応募要綱はこちら(締め切りました)

 2000年9月にオープンした民間最大規模の現代美術スペース「海岸通ギャラリー・CASO」は開館して2年近くになり、関西を中心とした内外の美術作家の展示紹介を積み重ねて、徐々に関西の現代美術シーンをリードしつつあります。
 こうした活動をさらに推し進めるため、誰でも無審査で自由に参加できる「アンデパンダン展」の精神を、この21世紀に新たな形で蘇らせたいと考え、「インディペンデントCASO展」を計画しました。
 参加者にはそれぞれ10mの壁面もしくは34uの床面が割り当てられ、その中を自由に使用して様々な作品を発表できます。参加者は若手を中心に、地域は関東から九州まで、年齢層も20歳代から70歳代までの作家が応募しており、作品傾向も写真、絵画、布、インスタレーションなど多岐に渡っています。
 この展覧会が現代美術の展開に一石を投ずることを念じております。

■ 現代美術インディペンデントCASO展 ■

主 催 現代美術インディペンデントCASO展実行委員会
後 援 大阪府、大阪市、朝日新聞社

会 期
前期 2002年7月 2日(火)〜7月14日(日)
後期 2002年7月23日(火)〜8月 4日(日)
 午前11時〜午後7時( 7月14日、8月4日のみ午後5時まで)

会 場 海岸通ギャラリー・CASO(大阪市港区海岸通2-7-23 電話06-6576-3633)




関連企画:

 出品者によるトークショー part1  **終了しました**


 司会進行:林 泰子
 パネラー:前期出品作家の皆様


 2002年7月6日(土) 15:00-16:15 
 海岸通ギャラリー・CASO
 2階ラウンジ(予定)


 参加費 1,000円
 終了後 16:30よりパーティー



 出品者によるトークショー part2  **終了しました**


 司会進行:林 泰子
 パネラー:後期出品作家の皆様


 2002年7月27日(土) 15:00-16:15 海岸通ギャラリー・CASO 2階ラウンジ(予定)


 参加費 1,000円
 終了後 16:30よりパーティー

















▲back