WORKS
宮川 哲弥 TETSUYA MIYAKAWA
WORKS
福井県在住の現代美術作家4人による展覧会


左より 表層2 表層1


表層6


表層5

「無限の大きさで包んでいる気体のような眼に感ぜられないものであるが、その中で溶けて行く」
 これは志賀直哉の小説「暗夜行路」の一節であるが、私が絵画の中で表現したいひとつである。