デリシャススープ
サトウリツコ展
サトウ リツコ RITSUKO SATOU


カドヲマガレバ
183×510 61×61×2 56×46cm×3点(組作品)


左 オナジ 181×227cm 右 5 ト 6 ノアイダ 181×227cm

カドヲマガレバ 作品部分写真 

アカデミズムの既成概念から解放された、一つの型にはめられない私の制作は、自由に伸びやかな作品世界を求めています。

私の絵画は油彩に限らずアクリル、岩彩、樹脂などの筆記用具や紙、カンバス、合板などと言う画材の干渉を受けて物理的抵抗によって生み出され自分の意志とは別に描いてみなければわからないという対応する関係の中で生まれてくる所もあります。

その事は固定観念や既成概念に縛られた目に従属しない人間の純粋な欲求にもとづく根源的な表現で、絵画を手慣れたものではなく原初的な状態で捉えていきたいと思っているからです。

絵画が話しかけるのは目に対してではなく精神に向かってでなければならないと考えます。

屈託の無い気楽さ、理屈のいらない力のあるものによって、絵画は言葉以上に人をはるかに遠いところまで連れ出し退屈させず人の心を癒すはずです。