中村ハルコさんのご冥福をお祈りします。



 「写真新世紀」10周年記念
 Futuring Power
 大阪展


  歴代グランプリ、優秀賞受賞作品から見る日本の新人写真家10年の軌跡




▼会場風景

 昨年9月、東京都写真美術館において開催し、大好評を得たキヤノン株式会社主催の「Futuring Power」(フューチャリング・パワー)展を開催します。
 これは、1991年よりキヤノン鰍ェ文化支援活動として新人写真家の発掘・育成・支援を行ってきた「写真新世紀」の10周年を記念して行われたもので、歴代受賞者HIROMIX氏、野口里佳氏をはじめとするグランプリ受賞作家、及び佐内正史氏、蜷川実花氏、澤田知子氏など時代を担う若手写真家達の優秀賞受賞作品から最近作まで約300点に及ぶ写真作品を紹介するという大規模な展覧会です。

 21世紀における新しい写真表現の可能性を模索し、数々の国際的に活躍する写真家を輩出してきた写真新世紀。この展では、時代と写真との関わりを敏感にとらえながら、次世代の写真の姿を検証していきます。

 会場では、関連イベントが行われ、出展者による写真レクチャー、スライドショーが企画されており、一般の方々にフリーでご参加いただき、新しい写真表現について、関西エリアで意見交流が図れる有意義な時間を設定しています。

 なお同展は5月30日から6月25日まで、仙台・せんだいメディアテークへ巡回します。
 また、4月15日(火)から27日(日)まで、京都造形芸術大学ギャラリーRAKUにて、昨年第25回公募で選出された6組7名の優秀賞受賞者の作品を紹介する「写真新世紀 京都展2003」展を開催致します。
 昨年度グランプリを受賞した吉岡佐和子さん、特別賞の岡本英理さんの作品を始め、フレッシュで瑞々しい作品群を大阪CASOの展覧時期に合わせて紹介し、関西エリアにおける写真文化のボトムアップに貢献します。



      佐内正史(第12回公募優秀賞受賞 2002年度作品



● 開催日時
期間:2003年4月23日(水) 〜 5月25日(日)
時間:11:00〜19:00まで(月曜休館、ただし5月5日は開館 最終日は17:00閉館)
場所:大阪 海岸通ギャラリー・CASO スペースA、B、C

● 入場料:無料

● 主催 キヤノン株式会社
● 協賛 株式会社住友倉庫

● 関連イベント
 「スライド・トーク」2003年5月17日(土)14:00〜16:30 CASOラウンジ
 出展者による写真レクチャー(澤田知子、山本香、黒瀬康之、谷口正典)
 定員50名。無料。
  ※要電話予約 TEL 03-5482-3904 (キヤノン梶@写真新世紀 担当 高橋・佐藤)

<Futuring Power(フューチャリング・パワー)展>
 1991年から継続した活動を行ってきた「写真新世紀」の10周年を記念して、歴代グランプリ受賞者 10名の作品と、優秀賞受賞者75名の中から抜粋した作品約300点を紹介しながら、「写真新世紀」の軌跡をたどる大規模写真展です。作品サイズ、応募点数、籍、年齢、経験等、一切の制限を持たず、新しい写真表現に取り組む新人写真家の掘・育成・支援を目的に公募を展開してきた「写真新世紀」の第1回から第24回まで の公募展を振り返り10年間の軌跡を検証します。
 展示会場は、
  ・歴代グランプリ受賞者10名の受賞作品を紹介するスペース、
  ・優秀賞受賞者75名より抜粋した受賞作品の展示スペース
  ・新世紀を担う若手写真家の新作を紹介するスペース
  ・「写真新世紀」10年の活動と歴史を振り返るパネル展示スペース
の4つから、新旧を交えて多角的に構成されています。


 ●出展写真家 47名
 ・グランプリ受賞者(木下伊織、市川綾子、熊谷聖司、HIROMIX、野口里佳、矢島慎一、
              柏亜矢子、安村崇、中村ハルコ)

 ・優秀賞受賞者(ノニータ、野村浩、河野安志、宮本知保、小倉英三郎、伊藤トオル、
            山本香、坂本浩、黒瀬英文、黒瀬康之、吉田優、谷口正典、田邉晴子、
            今井紀彰、佐藤純子、伊賀美和子、早船ケン、本田かな、藤原エリナ、
            山田大輔、遠藤年勇)

 ・最近作披露
    オノデラユキ、大森克巳、茂木綾子、今義典、菅野パンダ、金子亜矢子、佐伯慎亮、
    高橋ジュンコ、大橋仁、佐内正史、蜷川実花、岩崎マミ、守田衣利、池田宏彦、
    澤田知子、新沢もも、中西博之



HIROMIX(1995年度年間グランプリ)

熊谷聖司(1994年度年間グランプリ)

野口里佳(1996年度年間グランプリ)

中村ハルコ(2000年度年間グランプリ)

柏亜矢子(1998年度年間グランプリ)

 (上の5点はいずれも東京展の際のものです。)



 ●
同時期開催(京都)**終了いたしました。** 
「写真新世紀京都展2003」
 内容:2002年度第25回公募優秀賞受賞者6組7名による作品展 
 会期:4月15日(火)〜4月27日(日)
 時間:10:30〜18:00 会期中無休(最終日17:00まで)、入場無料
 場所:京都造形芸術大学 ギャラリーRAKU
 606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116 075-791-9124(研究企画課)
 主催:キヤノン株式会社 共催:京都造形芸術大学

 出展作家
 吉岡佐和子(2002年度グランプリ)、岡本英理(特別賞)、SABA、鍛冶谷直記、吉本尚義、ヨシダミナコ
 関連企画 スライド・トーク(定員80名、無料)**終了いたしました。**
 4月26日(土) 14:00〜16:30 tel075-791-9124(京都造形芸術大学 研究企画課)


 ●連絡先
 キヤノン株式会社 社会・文化支援室
 〒146-8501 東京都大田区下丸子3-30-2 Tel 03-5482-3904(直通)

 【インターネット】
 キヤノン ホームページ             http://www.canon.jp
 キヤノン 写真新世紀ホームページ     http://www.canon.jp/cast/




会場風景

 
 



大日本印刷の現代美術情報ウェブマガジン「artscape」2003年6月1日号にて、木ノ下智恵子様より本展覧会のご紹介をいただきました。







▲back