atlas

中西 章之  AKIYUKI NAKANISHI











 今回の作品は新しいシリーズではありますが、図像(何を描くか)支持体(何に描くか)素材(何で描くか)の問題について、これまでの作品と共通のひとつの流れの中にあります。
私が作品で接近を試みているものが何なのかですが、それは言わぬが花であるでしょう。
作品は発表した時点で、作家の意図や言葉とは無関係に新たな関係を作っていくものだと思います。

 ささいなことですが、今回はスペースに腰掛ける所を用意しようと思います。
公園や河川敷にいる時のようにしばらくボンヤリしていただけることを期待します。

中西 章之
2003.01 「絵画の証」 CASO(大阪)