原憲太郎展

原憲太郎  HARA Kentaro


会期: 2004年12月1日(水)〜12月12日(日) 休館日なし
     11:00〜19:00(最終日のみ〜17:00)
展示スペース スペースD


原憲太郎による初の個展。自らの身体を描いた平面作品6点の展示。
身体が平面の中に染み込むように描かれており、作品に近づき目を凝らさなければ見えないほどである。それは今にも消えそうに幽かに存在し、作家の不安と陰鬱の様相を帯びている。透明であることの困難さと矛盾、見ることと見えないことの境界を描写する。
作家自身が自らを描くという内省的でどこか自閉的な作品は、人間の存在について問いかけている。存在の透明性と絵画史の研究結果としての6作品。

1979 長崎県生まれ
2002 兵庫教育大学卒
現在 大阪教育大学大学院 在学



「sketch」 2004 アクリル 49.5×114.0×3.3