「ヨマナイデクダサイ」 八戸香太郎

"Don't read, Feel!!"
Kotaro HACHINOHE




会期  2005年4月5日(火)〜4月10日(日)
      休館日:なし
      11:00〜19:00(最終日のみ〜17:00)
      初日にライブペインティング、簡単なパーティ

展示スペース CASOスペースB

作品展示内容  平面(紙、墨)




タイトル【無音*Music】 サイズ 730x620(mm)
 制作年 2003 音と音の間にある音.
A transcendent sound lies between a sound and a sound.

日常には、脳によって作り出された小さな罠が張り巡らされている。
「???」
これに対して我々は違和感をもって対抗する。
「何か違う。」
しかしこの感覚は、私たちに降り注いだ後、いつの間にか儚く消えていく。
「ま、いいっか。」   眼下にひろがっているのは確かに違和感のある風景。
だが、脳は私たちを欺き、裏切り続ける。
引き裂かれた空間。曖昧な現実。
そういえば、一体何処までが「文字」で何処までが「線」なのだろう。
「文字」の一部分が「線」なのか、「線」の集合体が「文字」なのか。
あるいはそのどちらでもない「あいだ」。
この空間には、日常使われる言語としての機能を失った文字が溢れている。
読むのか、読まないのか、読めないのか、 読みたいのか。

  ヨマナイデクダサイ。そこが、はじまり。







■今回の展示

・部屋の中央線上に天井から床面まで糸を四角状に張る。
 それは現実には存在しないが、観者の認識によって生まれる「鏡」である。
 その「鏡」を対称軸として、一方の壁面に文字を配置し、逆の壁面には
 反転させたものを展示する。

・観者は「認識」の危うさを意識するとともに、日常的には意識しない「感覚」の
 重要性に気づくこととなる。

・展示している個々の作品はどのような意味を持っているのだろうか。
 そう考えた時、観者は「書」をただ漫然と読もうとはしないであろう。
 ここに「文字」を「観る」、感じる」という新しいアプローチが自然と生まれて
 くるのである。


初日にLive painting、簡単なパーティを行いました。






タイトル Work shop【鬼笑*Knock down! Kanji-monster!!】
制作年 Aug 8, 2004
場所 Little Tokyo Square, LA


文字は呪縛.
文字は力.
漢字はそれ自体で意味を成すが,書くことによって初めてその機能を具現化させる.


Name 八戸香太郎 (Kotaro HATCH)

Education
2001 花園大学文学部国文学科書道コース卒業
2004 京都造形芸術大学大学院芸術研究科芸術文化研究専攻修了

■Solo Exhibitions
2005 [心満] Mori sushi, Los Angeles.
    [ヨマナイデクダサイ(Don't read, Feel!!)] Cafe a Womb, Kyoto.
    [ヨマナイデクダサイ(Don't read, Feel!!)] Gallery CASO, Osaka.
2004 [笑波紋(Smile Wave)] Little Tokyo Square, Los Angeles.
2003 [響(vibration)] Japanese Art Gallery, St.Petersburg.
2002 [遺偈(Yuige)]
     京都造形芸術大学(Kyoto University of Art & Design), Kyoto.
    [Classic Style] 羅組奄(Rakuen), Kyoto.

■Group Exhibitions
2005 [Shadow rhythm]
     Japanese Art Gallery, St.Petersburg. Carpe Diem, Osaka.
2004 [Art Index. The Art of St.Peterburg]
     Ethnografical Museum, St.Petersburg.
    [Ad libitum Graphics]
     Central Artists House, Moscow.
2002 [芸術文化書展(Arts and Cultural interchange Soc.)]
     佛教大学(Bukkyo University),Kyoto.
    [ヒト×アフォーダンス×モノ展(Human×Affordance×Object)]
     Nasic square, Kyoto.

■Live Painting
2004 [Smile Line]
     Multi-Cultural Dance & Music Festival, Santa Barbara.
    [道産子魂2004(Soul of Hokkaido 2004)]
     Venice Beach, Los Angeles.
    [八かぶり(Hachikaburi)]
     1room, Kobe Art Village Center, Kobe.
2003 [響(vibration)] Japanese Art Gallery, St.Petersburg.
    [交換(Change-Get to Together)] 出町柳鴨川公園, Kyoto.
    [地震組(The Earthquake)] 京龍館(Kyo-Ryu-Kan), Kyoto.

■Work shop
2004 [夢叶(Dream come true)]
     Japan expo 2004, Convention Center, Los Angeles.
   [破壊神と光の文字(Vicious and Light)]
     Palisades Center, New York.
   [鬼笑(Knock down!! Kanji monster)]
     Little Tokyo Square, Los Angeles.



■Web site http://kotarohatch.com

京都のcafe「A WOMB」における
インスタレーション予想図(2005.2.24から3.22まで)