濱谷明夫展

HAMATANI Akio




会期: 2005年4月5日(火)〜4月24日(日)
     休館日:なし
     11:00〜19:00(最終日のみ〜17:00)

     4月16日(土) 18:00〜 碓井節子ダンスパフォーマンス (糸と造形とのコラボレーション)
              軽いお飲み物もご用意しております。


展示スペース:  スペースA
協賛: 住友倉庫





素材の原点・糸が奏でる美の極致を、CASOの7m超の天井を生かして表現する。

作家はファイバーアートの分野で世界的に活躍し、この3月には21世紀美術館開館に沸く

金沢駅の中央大ガラスドームの竣工を記念して大作を展示する。

CASOでの展示は、この直後初個展となる。


-------------------------------------------------------
 一本の糸がいちばん自然で美しい状態を作り出す。
 それは素材の持つ"素"の部分との対話でもあるのです。
 軸線の上を等間隔に一本の糸を旋回させていくと、幾つもの重なり合う円弧がリズミカルな動きを生む、
線から面へと移行するプロセスの中で、生命感覚が糸の持つエネルギーとひとつになって行きます。
 それを空間に解き放ったとき、糸はわずかな空気の動きにも敏感に反応し、表情豊かな流れを生み出し
ながら、空間に関わりあう意味を明確にしてゆくのです。
 形作られ設置された空間の中での素材-糸-は、一つの運動の軌跡としてだけ残り、その実在を消滅させる
ように"素材"への思考が垣間見ることが出来ればと思うのです。
---------------------------------------------------------




作家略歴
1973年より個展、グループ展
1983 国際タペストリービエンナーレ展(ローザンヌ、スイス)
1984 近代建築におけるテキスタイルアート展(フランクフルト、ドイツ)
1988 サントリー美術館大賞展(東京)
1989 パース国際トリエンナーレ展(パース、オーストラリア)
1990 ジャパンアート展(レトレッティ、フィンランド)
1992 国際現代ファイバーアート展(慶州、韓国)
1999 国際テキスタイルコンペティション展(京都)
2001 大阪トリエンナーレ2001(大阪)

東京、臨海斎場アートワーク
大阪トリエンナーレ(2001、CASO)