FALL -森太三展」

MORI Taizo





会期: 2005年4月6日(水)〜4月22日(金)
     休館日:なし
     11:00〜19:00(最終日のみ〜17:00)
展示スペース: CASOスペースD

協賛:  住友倉庫

・作品展示内容 インスタレーション

 ・日々の生活に溢れる身近な素材を用いて制作を行なう森太三の新作個展。
 ・出品予定作は高さ5メートル。ギャラリー空間を最大限に活かしたものとなる。




 今回は過去の事物である古本を素材に用い、短冊状に
切る(マイナスの作業)、張り合わせる(プラスの作業)という
シンプルな行為を繰り返します。
 無数の紙片を天井から落下する水滴に見立てて展示する
事により、大量に制作された断片は日常のイメージを失い、
壮大な滝のような風景が表出されます。

 特別な技術や道具を使うのではなく“日常にあるもの”で
“誰にでもできること”の積み重ねで作品を制作する事により、
多くの人々個の記憶や経験を呼び起こすことを願い、ひとつ
先の不可視な風景を、イメージを紡ぎあわせながら立ち上げ
たいと考えています。 

   


・作家経歴
 1974年 9月  大阪府に生まれる
 1997年 3月  成安造形短期大学専攻科造形芸術専攻修了
 1999年 3月  京都精華大学大学院美術研究科立体造形専攻修了
 
  <主な個展>    
 1996年 5月  「amulet」ギャラリーマロニエ/京都    
 1997年10月  「CHANGE」ギャラリーココ/京都
 1998年 3月  「seculer/cranes」ローズガーデン/神戸
 1999年 1月  「unknown」ギャラリーそわか/京都
 2001年10月  「ATOMOSPHERE」ギャラリーアーティスロング/京都
 2003年 4月  「FUTURE」ギャラリーココ/京都
      11月  「sea change」ギャラリーアーティスロング/京都
 2004年 2月  「sea change」ギャラリーwks./大阪
 2005年 4月  「FALL」海岸通りギャラリーCASO/大阪

 <主なグループ展>
 1996年10月  「デカダン秘宝館」ギャラリーココ/京都
 1997年 9月  「タブラ・ラサ<次世代の芽>」京都市四条ギャラリー
 1998年 2月  「THE SHOP HEXAGON」長谷六角ビル/京都
 1999年 5月  「当世物見遊山」旅館吉水/京都
 2000年 8月  「黄金コウモリ」炭坑村美術館/古汗・韓国
 2001年 2月  「アモルファス・アイ/不定形の<私>」京都芸術センター
 2002年 1月  「京都府美術工芸新鋭選抜展〜2002〜」京都文化博物館
 2004年 1月  「Premonition-S-」ギャラリーそわか/京都

上下とも:

2004年2月
 「sea change」 ギャラリーwks./大阪
2004年 1月  ギャラリーそわか/京都