坂口裕之「DAMAGE

SAKAGUCHI Hiroyuki "DAMAGE"


左: 「dirty view -2」
 Acrylic or stitch on canvas / 180x300 / 2005
右: 「dirty view -3」
 Acrylic or stitch on canvas / 180x300 / 2005



・会期(年月日) 2005年5月3日(火)〜5月22日(日)
会期中無休 11:00〜19:00(最終日のみ〜17:00)

・展示スペース CASOスペースB (協賛 住友倉庫)

・作品展示内容 染めと洗いを繰り返した布に糸を縫った平面、5点



「shadow is seen」
Acrylic on stitch on canvas
170 x 160 cm 2003

「ダメージ絵画」

 表面の染みは時間の経過の証である。時間という摩擦が生み出した、現実に存在している事実である。

 表面という一枚の皮膚を汚染し、洗浄してゆく中で私が感じること。それは、痛みやダメージといったものと同時に、存在するパワーや生の執着である。

 私が布の表面の汚染に「観た」ダメージに、針を刺し、糸を通す。感じ方により糸が変化する。≪刺す≫=外部刺激であり、≪縫う≫=再生能力でもある。

 いびつなステッチやいい加減な糸の動きは、私が観て感じた視線の残像である。

 物質性である糸(タブー)を乗り越え、独自の絵画表現を目指したい。




左: 「dirty view -1」
 Acrylic or stitch on canvas / 180x300 / 2005
右: 「dirty view -2」
 Acrylic or stitch on canvas / 180x300 / 2005
「dirty view -3」
 Acrylic or stitch on canvas / 180x300 / 2005
左: 「the string is pulled out」
 Acrylic or stitch on canvas / 130x130 / 2005
右: 「endless」
 Acrylic or stitch on canvas / 130x130 / 2005
「endless」
 Acrylic or stitch on canvas / 130x130 / 2005


坂口裕之
1974 大阪府大東市生まれ
1995 成安造形短期大学 美術学部洋画卒業
1997 成安造形短期大学 美術学部洋画専攻科修了

個展
1996 ギャラリーすずき(京都)
1999 ギャラリーすずき(京都)
2000 ギャラリーすずき(京都)
2001 ギャラリー白(大阪)、ギャラリーそわか(京都)
2003 ギャラリーそわか(京都)
主な展覧会歴
1995 第36回成安造形短期大学 造形芸術科展(京都市美術館) 奨励賞
「それぞれの場所」(ギャラリーそわか、京都)
1996 「アルセツテン」(ギャラリーそわか、京都)
1997 第38回成安造形短期大学 造形芸術科展(京都市美術館) 奨励賞
2000 比良から新しい風が〜 Part9 NEXT THOUSAND-胎動(比良美術館、滋賀)
2001 APOSTOROPHE ART PART8 (ギャラリー石彫、神戸)
2002 「パレット展」(ギャラリーマロニエ、京都)
2003 群馬青年ビエンナーレ03(群馬県立近代美術館)入選
2004 「ART SHIP PROJECT」(植松琢麿企画)「gallerism 2004」(大阪府立現代美術センター、大阪)
2005 京都府美術工芸新鋭選抜展(京都文化博物館)


ギャラリーそわか(京都)、2003