現代美術
インディペンデントCASO展 2005



Independent CASO exhibition 2005




前期の模様および作家について
(2005.7.6-7.17)


後期の模様および作家について
(2005.7.20-7.31)



    招待作家展・持田総章展について(2005.7.6-7.31)






 主 催 現代美術インディペンデントCASO展実行委員会
 後 援 大阪府、大阪市、朝日新聞社


 会 期
  前期 2005年7月6日(水)〜7月17日(日)
  後期 2005年7月20日(水)〜7月31日(日)

   開館時間:午前11時〜午後7時
   ( 7月17日、7月31日の各期最終日のみ午後5時まで)

   懇親会: 前期 7月9日(土)17時より〜
          後期 7月23日(土)17時より〜
     参加作家諸氏を交えた懇親会を開きます。


 会 場 海岸通ギャラリー・CASO(大阪市港区海岸通2-7-23 電話06-6576-3633)

 入場料 無料


 関連企画 「持田総章展」
  ・会期(年月日)
    7月6日(水)〜7月31日(日) 7月18・19日はCASO展展示換えのため休み)
  ・展示スペース  海岸通ギャラリー・CASO B室
  ・主催 現代美術 インディペンデント CASO展実行委員会




 作家
  前期(7.6〜7.17)
   岡本才智栄、鈴木望、赤嶺チトセ、富永大士、
   梶田晋介、三村亘、西村のんき、妹尾奈津子、
   ブワン(BUONE)、金久裕一、松島佑、坂下絵美


  後期(7.20〜7.31)
   野口リサ、エデル、菊地拓児、PAUL KOHL、
   中島利文、オカモトユウイチ・永島千裕・守田直子、
   辰巳義隆、岡本素子、石田清子、渡辺文子、清水麻利・浪江紀子




 既成のあらゆる権威や名声、アカデミズムや商業主義の勢力に対峙して、芸術表現の自由と独立を高らかにうたった第1回「アンデパンダン展」は1884年パリで開催されました。そこに集まったメンバーはあらゆる美術組織やグループから独立した一人の人間として表現活動を行う画家、彫刻家などです。
このアンデパンダン精神は、戦後の日本の美術界にも伝播し「日本アンデパンダン展」(1947〜現在)、「読売アンデパンダン展」(1949〜1963)、「京都アンデパンダン展」(1955〜1990)などの発足につながっています。
 2000年9月にオープンした民間最大規模の現代美術スペース「海岸通ギャラリー・CASO」は開館して4年余り、関西を中心とした内外の美術作家の展示紹介を積み重ねて、徐々に関西の現代美術シーンをリードしつつあります。
 こうした活動をさらに推し進めるため、誰でも自由に参加でき、無審査で受賞制度のない「アンデパンダン展」の精神をこの21世紀に新たな形で蘇らせたいと考え、2002年に第1回「現代美術インディペンデントCASO展」を開催し、好評を博しました。今回は、その第4回展にあたり、第1回展から種々助言を受けてきた現代美術作家の持田総章氏を招待することとしました。
 現代美術の可能性を信じ、それを志向する多くのアーティストの交流の場になることを期待しています。

 今回も、多くの皆様のお問い合わせと、関係各位の熱心なご勧誘のおかげで、多くの参加を得て開催の運びとなります。参加者は関西のみならず全国、年齢も若手を中心に20歳代から50歳代まで、作品傾向も絵画、テキスタイル、立体、インスタレーションなど多岐に渡っています。参加者にはそれぞれ 10m前後の壁面もしくは25uの床面が割り当てられ、その中を自由に使用して様々な作品を発表できます。

2002年 第1回 「現代美術インディペンデントCASO展」
2003年 第2回 「現代美術インディペンデントCASO展2003」
2004年 第3回 「現代美術インディペンデントCASO展2004」
















▲back