テキスタイルの未来形
日本テキスタイルカウンシル(JTC)設立記念展覧会


Textile in future expression:
Exhibition of Japan Textile Council








 日本テキスタイルカウンシル(JTC)設立記念展覧会(関西・東京・九州プロジェクト)

・同時開催: シンポジュウム 「制作の視点から」
**終了しました**
  2005年8月2日(火) 14:00〜16:30 CASO2階ラウンジにて
  パネラー:新見隆 (武蔵野美術大学 教授)
        川本敦久 (金沢美術工芸大学 教授)
        寺田勝彦(比治山大学短期大学部 教授)
        中野恵美子 (東京造形大学 教授)
        山本清(宝仙学園短期大学 教授)
        宋繁樹(韓国・弘益大学校 教授)
   進行:加藤義夫(インディペンデントキュレーター)




会期    2005年8月2日(火)〜8月7日(日)
       休館日 なし
       時間  11:00〜19:00(最終日のみ〜17:00)

展示スペース 全館

作品展示内容
 麻や綿、絹などの天然繊維から紙、金属などのさまざまな繊維を素材とし、染め、織りの技法のみならず自由な発想で構築された平面及び立体の造形作品を約70点、CASOギャラリーの空間に展示します。

主催 日本テキスタイルカウンシル(JTC)
後援 駐大阪・神戸アメリカ総領事館、繊研新聞社、(財)石川県デザインセンター、(財)大阪デザインセンター、
     (財)五箇山和紙工芸研究所協会、(財)札幌芸術文化財団、(財)日本産業デザイン振興会、
     (社)日本インテリアファブリックス協会、EPSON PiezoGraph Laboratory、九州産業大学、
     九州染色業連合会青壮年部「旗若会」、京都アートカウンシル、四国タオル工業組合
企画・協力 加藤義夫芸術計画室
協賛 ART FIBER ENDO、(株)三景サンテキスタイル、(株)ソーコー、(株)田中直染料店、(株)出口織ネーム、
     (株)ヤギコーポレーション、スクリーン・染色工芸材料 三彩、染料・染具・工業薬品 イタニ、西川産業(株)、
     丸服(株)、大阪成蹊大学芸術学部、女子美術大学、東北芸術工科大学、宝仙学園短期大学、武蔵野美術大学



今回の展覧会に関するコメント
 私たちの生活文化・造形文化におけるテキスタイル及びテキスタイル教育の重要性と未来への展望を、 テキスタイル教育に携わりながら創作活動を行っている研究者や、アメリカ・韓国のテキスタイル研究者による展覧会・シンポジウムを通した文化交流を通して、多くの人たちに広く提案します。
 シンポジュウムでは各作家が「制作の視点から」をテーマにトークセッションを行います。



作家略歴: 日本テキスタイルカウンシル(JTC)の設立趣旨
 テキスタイルに関わる教育研究者が自らの創作活動及び研究活動を行い、研鑽を積み、理念を達成し、次代のテキスタイルア-ト・テキスタイルデザイン及びテキスタイル教育の向上と発展に寄与することを目的とします。
 また地域、国、人種、さらに従来のマテリアルの概念、アートとデザインの領域を越えた人間性豊かな造形表現を希求し、創造活動、人材教育をめざします。
 http://www.jtc-ac.jp/

 活動暦
 2006/ 金沢21世紀美術館での展覧会開催予定
 2005/ 「テキスタイルの未来形」(大阪・CASO)
 2004/ JAPANTEX 布の邂逅(ビッグサイト)
 2003/ JAPANTEX 和紙の編組(ビッグサイト)
 2002/布の邂逅2002(アクシス)
 2001/五箇山和紙による造形(アクシス)

 参加作家 全75名
  田中秀穂、山本清、鈴木信康、瀧本英男、川本敦久、大橋正芳、
  高橋正、市村冨美夫、下重泰江、原すがね、中島良弘、鈴木純子、
  阿久津光子、出居麻美、石井香久子、石崎朝子、牛尾卓巳、榎本寿紀、大澤由夏、大高亨、大谷千恵、
  岡本直枝、岡本泰子、小川倫代、兼井真弓、河村瑞江、城崎英明、熊井恭子、倉内啓、小熊律子、
  佐久間恭子、佐久間美智子、島田清徳、下村好子、鈴木均治、鈴木マサル、須藤玲子、高谷光雄、
  高橋稔枝、田中美沙子、千代田憲子、椿 操、寺田勝彦、鳥羽美花、中川裕孝、中島俊市郎、中島直美、
  長野いづみ、中野恵美子、仁尾敬二、西本久子、二宮とみ、ひろいのぶこ、本田昌史、松村丈人、山口道夫、
  山本篤子、吉村正郎、加藤祐子、半谷学、木内小織、佐藤賢司、日下部美和、加賀城健、舘正明、室田泉、
  吉水絹代、大手裕子、菊地美知子、田中洋江、野澤寿子、窪田緑
  (韓国)宋繁樹 ( Song Burn-Soo)
  (米国)Clare Verstegen, Jane Lackey

 代表者略歴

 ●田中秀穂/武蔵野美術大学教授 JTC代表

  2004/繊維美術2馬展 宋繁樹/田中秀穂
      百想記念館(ソウル)
  2003/Beyond the Surface
      -Japanese Style of Making Things (シンガポール)
  2001/Contemporary Fiber Materials Korean/Japanese
      宇徳 gallery(ソウル)
  2000/<VANISHING> 巷房(東京)網走市立美術館
  1997/<VANISHING> 網走市立美術館
  1992/第15回国際テキスタイルアートビエンナーレ
      ローザンヌ(スイス)

作品タイトル:Vanishing/Enevgeirg
  サイズ:   直径400cm H30cm
  素材:    綿
  技法:    縫・ドローイング

  展覧会名: 繊維美術2馬展 FIBER ART
  出品者名: 宗繁樹 Song Burn-Soo / 田中秀穂 Tanaka Hideho
  会期:   2003.11月25日(月)〜12月8日(月) 
  会場: コンテンポラリーアートNIKI(東京)



展示風景

A室

B室

Y室

C室

D室

X室