「老ぃ。」
川口香奈

KAWAGUCHI Kana





・会期  2005年10月4日(火)〜10月16日(日)
       休 み:なし
       時 間:11:00〜19:00(最終日のみ17:00)

・会場  海岸通ギャラリー・CASO Y室


 展示中に乾いてしまう粘土を使い、人間の老化などを見せることを意図する作品。
 デフォルメされた人体の形の彫刻作品2点と、大型の紙おむつの作品のインスタレーション。


「Mt. 姥ステ。」 2005  1000x2000mm


 テーマの名のごとく、「老ぃ。」に含まれる「老い」に対する変化をこの展覧会期中に表現します。

 素材は、塑像などで使用されるごく普通の粘土です。会期初日は、形も色艶もいい塑像で展示されますが、
2週間後の最終日には、空気の乾燥により色もグレーに変化し、ひびわれ崩れ落ちそうな状態になります。

 さらに、この作品の老人体を現代の介護の現場風景に介護用品を併せて展示したいと考えています。
 これは、タイトル「老ぃ。」の「おい!」或いは、「おい・・・。」的な感情で、現代から未来において深刻に
増加していく老人に対しての日本における環境、或いは、現在それにかかわる全ての人々の感情を反映
しています。
 また、使用済の大人用おむつによるインスタレーション(本物ではありません)を使って、介護に対するイメージ、
目をそむけたくなるような現実問題をおむつによって表現したいと考えます。これらに対する様々な問題と根本的に
人が老いていくという自然現象を目の当たりに鑑賞することによって、日本の福祉社会に対する想いをめぐらせて
頂きたいと考えます。他、数点。

 尚、作品は会期後破損してしまう為、会期中のみの作品となります。




川口香奈 略歴

1976 和歌山市生まれ
1992 USA ニュージャージー州交換留学
    "State Teen Art" 全米巡回展"Repentance"にて金賞受賞
1995 宝塚造形芸術大学 彫刻科入学
1996.8 阪神・淡路大震災で残った「神戸の壁」のアートによる保存活動をグループで立ち上げる。
     第1回目の、音響効果/映像/ファッションによるインスタレーション発表
1997.8 第2回目の、音響効果/映像/舞台演劇によるインスタレーション発表
1998.3 宝塚造形芸術大学 中退
1998.5  "堕り断つ命"展 Gallery KOGA(大阪) 
1998.7 USA ニューヨーク州留学
1999.4 Bronx Art River Center "Familiarity"グループ展 ニューヨーク、USA
2000.2 "執集物1"展 Cream Room(大阪)
2001.11 "薬"展 自宅地下(東京)
2002.11 和歌山龍神ビエンナーレ 木彫"里へ43"入選
2004.4 "ナルホド・ザ・ゴールド"展 和歌山ミニレアシティ1階 国際工芸

"薬"展より 「薬製造爺」
樹脂、セメント 2000x3000mm、2001
"執集物1" より 「彼の身体型(保存版)」
バーチカルシリコン、パンスト 1700x600x400mm、2000