ART WAFERS -21世紀絵画の重層性-

芦谷正人・泉 依里・岩澤有徑・大澤辰男・
塩賀史子・田村実環・林 嘉一・久下典子

ASHITANI Masato, IZUMI Eri, IWASAWA Arimichi, OOSAWA Tatsuo,
SHIOGA Fumiko, TAMURA Miwa, HAYASHI Yoshikazu, KUGE Noriko





・会期  2006年4月18日(火)〜4月30日(日) 会期中無休

・時間  11:00〜19:00 (最終日〜17:00)

・会場 海岸通ギャラリー・CASO A・B・C・X・Y室
・協賛 株式会社住友倉庫

・出品作家/芦谷正人・泉 依里・岩澤有徑・大澤辰男・塩賀史子・田村実環・林 嘉一・久下典子

 21世紀になってはや6年、新たなムーブメントも起らぬまま、時間だけがすぎてゆく現在、
しかし次の時世をとらえようと、変革を試みている平面作家が関西にもいた!
彼らは、21世紀になってからどれだけの仕事をしているのか、6年間の推移を静観する。
作家の選出は、UNEASINESS+泉依里+田村実環が担当。
8名の現代美術かは、今後いかなる方向へ進むのか。

 岩澤有徑より:
 今回CASOより、展覧会企画の話をいただき、私は迷わず信頼できる仲間、UNEASINESS(芦谷正人+岩澤有徑+大澤辰男)を集め、企画立案に着手した。
 現在の美術界の状況を観察した結果、今世紀に入ってから上質な展開を続けている平面作家とは?という設問に到達。
 自身の6年間を観察する機会と共に他者の変革を学ぶ、そのためには私たち3人の観測を超えた平面作家を選出し、彼または彼女らの視点により、近年頭角を現しつつある未知の平面作家にも参加を要請。こうすることによって、新たな刺激を受けることが私たち3人にもプラスになるに違いない。
 そんな経緯の結果、選出はUNEASINESS展に参加したことのある泉依里と田村実環が担当、彼女らは果たしてどんな未知の作家を連れてきてくれるのか、しっかり勉強させていただくこととしよう。





芦谷正人

1965年 大阪生まれ
1989年 嵯峨美術短期大学版画専攻科卒業

1987年 個展(ギャラリー白、大阪)
      第2回和歌山版画ビエンナーレ
1992年 個展(番画廊、大阪)
1993年 「今絵画は-OSAKA'93-」(大阪府立現代美術センター)
1996年 個展(番画廊)
1998年 「ART UP! -揺籃する位置-」(大阪府立現代美術センターほか)
1999年 個展(番画廊)
2001年 「UNEASINESS」(信濃橋画廊、大阪)
2002年 個展(番画廊)
2003年 個展(番画廊)
2004年 「FLAT PLAT」(神奈川県民ホールギャラリーおよびCASO)
2005年 「UNEASINESS III」(信濃橋画廊)


大澤辰男


1969年 大阪生まれ
1990年 大阪美術専門学校研究科修了

1992年、1993年、1994年、1995年、1996年 個展(信濃橋画廊、大阪)
1998年 「ART UP! -揺籃する位置-」(大阪府立現代美術センターほか)
1999年 個展(番画廊、大阪)、個展(シティーギャラリー、大阪)
2000年 個展(信濃橋画廊)
2001年 「UNEASINESS」(信濃橋画廊)
2002年 個展(番画廊)、個展(シティーギャラリー)
2003年 個展(番画廊)
2004年 「FLAT PLAT」(神奈川県民ホールギャラリーおよびCASO)
      個展(番画廊)、個展(シティーギャラリー)
2005年 「UNEASINESS III」(信濃橋画廊)


岩澤有徑

1958年 京都生まれ
1981年 桑沢デザイン研究所グラフィック研究科卒業
1989年 Bゼミスクール修了

2000年 個展(シティーギャラリー、大阪)
      「画廊の視点」(大阪府立現代美術センター)
2001年 「UNEASINESS」(信濃橋画廊、大阪)
      個展(シティーギャラリー)
      個展(ギャラリーないとう、岐阜)
      「倉重光則+岩澤有徑二人展」(ホワイトキューブOSAKA)
2002年 個展(シティーギャラリー)
      個展(ホワイトキューブOSAKA)
      個展(ギャラリーすずき、京都)
      個展(ギャラリー現、東京)
      個展「MEMORABIRIA」(Goliath Visual Space, ニューヨーク)
2003年 個展(シティーギャラリー)
      個展(ホワイトキューブOSAKA)
2004年 「FLAT PLAT」(神奈川県民ホールギャラリーおよびCASO)
      個展(シティーギャラリー)
      個展(ギャラリー現)
2005年 個展(シティーギャラリー)
      個展(ギャラリー現)
      個展(ギャラリーすずき)
      個展(海岸通ギャラリー・CASO)
      「UNEASINESS III」(信濃橋画廊)


田村実環

1968年 神戸生まれ
1991年 京都市立芸術大学 美術学部油画専攻卒業
1993年 京都市立芸術大学 大学院美術研究科修了

1998年 個展(ギャラリーすずき、京都)
1999年 個展(ギャラリーマロニエ、京都)
2000年 2000新鋭美術選抜展(京都市美術館)
      「具象絵画の新しい地平」(セルフソウアートギャラリー、大阪)
      「ART:SYNAPSE2000」(ギャラリーマロニエ)
      「NEXT THOUSAND」(比良美術館、滋賀)
2001年 個展(ギャラリーすずき)
2002年 2002新鋭美術選抜展(京都市美術館)
2003年 個展(ギャラリーすずき)
2004年 個展(ギャラリーマロニエ)
2005年 「UNEASINESS III」(信濃橋画廊)


塩賀史子
1972年 滋賀県に生まれる
1995年 京都精華大学美術学部造形学科洋画専攻卒業、滋賀県在住

1990年 関西二紀展(大阪市立美術館)
1993年 omnibus展(ギャラリーポルティコ、神戸市)
1998年 mixed nut展(ギャラリーF、京都市)
1999年 個展(ギャラリーF)
2000年〜2002年 APOSTROPHE ART展(ギャラリー石彫、高砂市)
2000年 個展(ギャラリーすずき、京都市)
2003年 実験展(天王寺学館ギャラリー、(大阪市)
      Infinity’sOrigin展(ギャラリー石彫)
      個展(ギャラリーすずき)
2004年 Paintings4展(CUBIC GALLERY、大阪市)
      湖国の風景展(アートスペース東山、京都市)
      灼灼展(アートスペースDasman、京都市)
      個展(CUBIC GALLERY)
2005年 京展 (京都市美術館)
      野洲市展(野洲文化小劇場)
      gallerism2005(大阪府立現代美術センター)
      個展(CUBIC GALLERY)
2006年 現代美術展 無限の源(守山市民ホール、守山市)
      ワンダーシード2006(トーキョーワンダーサイト渋谷、東京)

 京展賞  京都市美術館(京都市)
 野洲市展 滋賀県芸術文化祭奨励賞 野洲文化小劇場(野洲市)


泉 依里     (撮影:豊永 政史)
1976年 神戸生まれ
1997年 嵯峨美術短期大学 美術学科版画コース卒業
1999年 嵯峨美術短期大学 専攻科 混合表現コース修了
2000年 嵯峨美術短期大学 綜合美術研究所 研究生修了

1998年 個展(番画廊、大阪)
      全国大学版画展(町田市立国際版画美術館)
1999年 個展(番画廊)
      「次代の版画」(愛知県立芸術文化センター、名古屋)
      「日印版画交流展」(ナンダアートギャラリー、インド)
      「神戸アートアニュアル」(神戸アートビレッジセンター)
2000年 個展(立体ギャラリー射手座、京都)
2001年 個展(Oギャラリーeyes、大阪)
      「Puddles vs CLEAN BROTHERS」(SUMISO、大阪)
2002年 個展(Oギャラリーeyes)
      個展(SUMISO)
2003年 個展(Oギャラリーeyes)
      「UNEASINESS」(信濃橋画廊)
      「トゥールビヨン」(Oギャラリーeyes)
2004年 個展(信濃橋画廊、大阪)
2005年 個展(番画廊、大阪)
      2005新鋭選抜美術展(京都市美術館)
      Presentation & Exhibition @ ARTCOURT Gallery
        (アートコートギャラリー、大阪)


林 嘉一
2001年 「3/3」神戸アートビレッジセンター
2003年 個展(Oギャラリーeyes、大阪)
      第14回関口基金賞(柏市民ギャラリー、千葉)
      県展(兵庫県立美術館王子分館)
      「井谷菜々+林嘉一 -Daydream believer・自律する光の記憶-」
        (gallery coco、京都)
2004年 個展(Oギャラリーeyes)
      シェル美術賞展(代官山ヒルサイドフォーラム、東京)
2005年 個展(Oギャラリーeyes)
2006年 個展(Gallery Den、大阪)

2004年 シェル美術賞展2004 尾崎信一郎審査委員奨励賞



久下典子     (C)Noriko Kuge / O Gallery eyes
1973年 兵庫県生まれ
1995年 神戸商科大学商経学部経済学科 卒業
2001年 City & Guilds of London Art School
       ポスター、ファインアート、ペインティング卒業
2002年 神戸大学 大学院造形表現論講座修了

1999年 個展(TEMPORARY GALLERY、神戸)
2002年 個展(TOR GALLERY、神戸)
      「PRIMARY STATEMENT V」(Oギャラリーeyes、大阪)
2003年 個展(Oギャラリーeyes)
      個展(OギャラリーUP・S、東京)
      「イコノクラッシュに抗して、なお」(ギャラリー白、大阪)
2004年 個展(Oギャラリーeyes)
      「個の仕事」(信濃橋画廊、大阪)
      UI WANG 国際プランカードアート2004 (イワン市Pegun湖岸・韓国)
2005年 個展(Oギャラリーeyes)
      個展(TOR GALLERY)
      「アートがもたらすプラセボ効果」(Gallery H.O.T、大阪)
      「ペインタリネス」(ギャラリー白)

2000年 白亜会展 新人賞