ART in CASO/OSAKA 2006






− ART in CASO/OSAKA 2006 −

大阪における第4回目の現代美術フェア「ART in CASO」を今年も海岸通ギャラリー・CASOにて開催いたします。
同フェアは2002年の第1回目より03年、05年と各年特徴のある企画と、国内の活力あるギャラリーの参加で着実に認知度を高めてきました。
今回はこれまでで最多の国内外21ギャラリーが参加。各ギャラリーから出品される、多彩で質の高い現代アートが一同に集まる、
アートファンでなくとも必見の大規模なフェアとなります。
総括プロデューサー加藤義夫氏による全体的な構成案のもと、会場周辺地域の魅力を引き出す関連事業も含め、これまでのフェアを一新。
新しい企画を実現する予定です。
その他、カフェの設置により、一般の客層へのイメージアップはもとより、商談スペースや情報交換の場として、美術関係者やコレクターとの
ネットワーク構築と活性化も図ります。


■主旨
第4回目のアートフェア「ART in CASO/OSAKA 2006」が開催される事を皆様にお伝えすることは大変光栄に存じます。
コンテンポラリーアートは国内だけに限らず、国際的な動向の中で評価され日本人アーティストも海外の美術館、ギャラリーでも
取り上げられることが日常的になり、益々ボーダレスの世界が構築されているのが現状です。それらの現象は日本美術市場にも
影響を与え、日本のギャラリーは海外アーティストの紹介だけにとどまらず日本のアーティストを国際的な場に紹介することを使命と
して活動することを求められております。
本年は、国内外で精力的に活動する日本の19ギャラリーに加え、韓国から2ギャラリーの参加があり、過去最大規模となります。
また各種イベントを取り揃えております。アジアの美術市場や人的交流でのネットワーク構築も広く視野に入れた、活力ある“質”の
高いアートフェアとして、現代美術のあり方、魅力を強く提示できることと確信いたしております。(実行委員会)


■概要
 開催日程:2006年9月22日(金曜日)-9月24日(日曜日)
 会場:海岸通ギャラリー・CASO
  〒552-0022 大阪市港区海岸通2-7-23
  Tel/Fax 06-6576-3633
  地下鉄中央線大阪港駅6番出口より徒歩5分

  開場時間:
  9月22日(金) 午前11時-午後7時
     Opening Reception: 9月22日(金)午後5時より
  9月23日(土・祝) 午前11時-午後7時
  9月24日(日) 午前11時-午後5時

  入場料:¥1,000
期間中有効(ドリンク割引チケット付)
    
※サントリーミュージアム[天保山]「スヌーピー ライフデザイン展」[会期:7月8日(土)〜9月24日(日)]特別割引券付


主催:ART in CASO事務局
共催:株式会社住友倉庫
後援:朝日新聞社、大阪市、大韓民国総領事館(申請中)
協力:サントリーミュージアム[天保山]・大阪成蹊大学・京都造形芸術大学
総括プロデュース 加藤義夫(加藤義夫芸術計画室)

■ART in CASO 事務局
〒536-0022 大阪市城東区永田3-5-22 ノマル・プロジェクトスペース内 担当:山田(やまだ)
tel.06-6967-1354 fax.06-6967-3042 e-mail: artincaso@nomart.co.jp




<関連イベント企画>

オープニングパーティー
9月22日(金)午後5時より
 アートフェア会場内でのフリードリンク形式のパーティー。
 60年代後半より数々の衝撃的なパフォーマンス、作品を発表し続けている榎忠さんによる祝砲のパフォーマンスあり。

「ライブペインティング」 林俊作
9月23日(土・祝)午後3時〜5時
 TV、新聞、雑誌等で取り上げられ多くの反響を呼んでいる、大阪が生んだ恐るべき13歳のアーティスト・林俊作による
 ライブペインティング。アニメーションも公開予定。

「アジア・ギャラリー・ミーティング/東アジアのアートシーンとマーケットの現状と展望」
9月23日(土・祝)午後6時30分〜8時
 日本・韓国・中国など東アジアのアートマーケットの現状と展望をパネリスト
 それぞれの視点から語ってもらう。
 パネリスト:當銘藤子(とうめいふじこ)氏(現代中国藝術センター)、GALLERY SIDE 2、
        Gallery Shilla、ギャラリーヤマグチクンストバウ、白土舎、
        ピクチャーフォトスペース:Viewing Room、mori yu gallery 他アジア・ギャラリー・ミーティング

"おかけんた"と行くARTツアー
9月24日(日)午後1時〜4時(定員50名 ・ 予約先着順)
 予約受付:現在好評受付中(土日祝を除く 午前10時〜午後9時)
 集合時間:午後12時30分より受付
 集合場所:サントリーミュージアム[天保山]メインロビー
 参加料金:3,000円(お支払いは口座振込となります。詳細は事務局までご連絡下さいませ)
 受付・お問い合わせ : Tel. 06-6967-1354 E-mail artincaso@nomart.co.jp
          (ART in CASO 事務局 / ノマル・プロジェクト・スペース内)
 吉本興業の人気漫才師おかけんた氏のナビゲートで行くアートツアー。
 「おかけんた流」のトークによって各所の魅力を引き出します。
 ・サントリーミュージアム[天保山]での「スヌーピー ライフデザイン展」を観覧
 ・→舞洲にある世界的アーティスト、故フンデルト・ヴァッサー氏デザインの建築
    「ゴミ焼却施設/大阪市舞洲工場」「汚泥処理場/大阪市舞洲スラッジセンター」を見学
 ・→ART in CASO会場でのギャラリー訪問

 ○ART in CASO会場ランドマーク 「2006 Touching the RED wind in OSAKA」 麻谷宏
 
 
  “2002 Touching the RED wind in Busan Project” (プサンビエンナーレ、2002)

  釜山ビエンナーレでも紹介された麻谷宏の壮大な赤い布によるインスタレーションを会場前広場に設置、
  海風にたなびかせ、ランドマークとして来場者を迎える。

■参加画廊(21)
 アートコートギャラリー(大阪) ギャラリー風(大阪) ギャラリーほそかわ(大阪) Gallery Shilla(韓国) Gallery Side 2(東京)
 ギャラリータフ(京都) GALLERY TERASHITA(東京) ギャラリーヤマグチ クンストバウ(大阪) 白土舎(名古屋) 
 Keumsan Gallery(韓国) ケンジタキギャラリー(名古屋・東京) レントゲンヴェルケ(東京) MEM(大阪) mori yu gallery(京都)
 ノマル・プロジェクトスペース(大阪) ピクチャーフォトスペース:Viewing Room(大阪) タケフロ+オオタファインアーツ(東京)
 彌右衛門(京都) ヴォイス・ギャラリーpfs/w(京都) Yoshiaki Inoue Gallery(大阪) WAKO WORKS OF ART(東京)
■カフェ出店  パンタロン(大阪)