PICCHIO
ピッキオ

PICCHIO






・会期  2007年3月13日(火)〜3月25日(日) 会期中無休

・時間  11:00〜19:00 (最終日〜17:00


・会場  海岸通ギャラリー・CASO D室

・作家  ピッキオ

スイス人画家による、立体と平面の個展。





ピッキオの芸術は色彩が全てである。しかし、また その色彩は触覚的である。
彼の作品は2次元で分割され重なり合うキュビズムから未来派に繋がる主概念を基本としている。本人はむしろ
“断片芸術”と呼んでいる。
これは揺らめく輝きの効果をもたらすが、作品は幾何学的な要素をその効果に与え、又、ダイナミックな構成は
動きの持つドラマと色彩の他には何の説明もしない。 ピッキオは、筆にたっぷり絵の具を含ませ、長時間かけて、
まだ生乾きの画面の上に絵の具を重ねていく。このテクニックはコントロールすることが困難だが、彼の熟練した
技術は限界まで押し上げている。

この展覧会は、絵画と板で出来た直立するトーテム・彫刻という2種類から成り立っている。これらの細長い彫刻は
一般的な長方形の絵画とは異なるが、空間に存在する絵画と言える。ピッキオ芸術は、色彩の鮮やかさと快活な
視覚的テンポが、分割された大胆な構成の基に表現されている。