こだまする庭
京都造形芸術大学大学院 奥田輝芳ゼミ3名による展覧会


浦野みお 小林聡 寺井涼子
URANO Mio, KOBAYASHI Satoshi, TERAI Ryoko





・会期(年月日) 2007年7月31(火)〜8月5日(日)
          休館日 なし
          時間  11:00〜19:00(最終日のみ〜17:00)

・場所 海岸通ギャラリーCASO スペースC


 3人の表現はそれぞれの異なっているけれども
 生み出す空気や雰囲気はどこか近い様に感じます。
 この3人だからこそ作り出せる空間を“庭”と呼べるなら
 澄んだ空気を生み出し、作品と人とが心地よく一緒になれる場にしたい。
                      
                           出品者一同

 展覧会「こだまする庭」によせて
  絵画を制作する上に於いて、形とは一体なんだろう、という問いがこの三人の
  仕事を見ていると思い浮かぶ。
  色彩の艶やかさや軽快感、光と陰がもたらす濃密な空間。そういった絵画のもつ
  正の特性をそぎ落とし微妙に振動するGREY(灰色)の画面、これがこの三人が
  共通して持っている絵画性である。
  海の底でじっと息を潜め揺れながら、それでいて正確なリズムを刻む三人の
  波長が共鳴し、ひとつの場 “ 庭 ” を生んだのである。

                         京都造形芸術大学教授 奥田輝芳


「 One day −green−」
     キャンバスに油彩  100×100cm  2007年
浦野みお

略歴 
1984年 奈良県生まれ
2007年 京都造形芸術大学 美術工芸学科 洋画コース卒業
現在   京都造形芸術大学大学院 芸術表現専攻 修士課程1回

活動歴
2005年 Open Studio / 京都造形芸術大学
2006年 個展『 ≒myself ≠myself 』/ ギャラリー○△□
     44pockets / 京都造形芸術大学
     学生によるアートスクランブル / くずはアートギャラリー







「夢まで付いて来た奴らの絵」
   パネルに綿布 油彩 木炭 オイルパステル 60.6×50cm 2007年
寺井涼子

略歴 
1983年 兵庫県生まれ
2006年 京都造形芸術大学 美術工芸学科 洋画コース卒業
現在   京都造形芸術大学大学院 芸術表現専攻 修士課程2回

活動歴
2004年 京展2004 
     第21回 FUKUIサムホール美術展
     第5回 Dessin drawingコンクール展
2005年 京都造形芸術大学洋画コース3回生展(アートスペース東山/京都)
     第58回 尼崎市展 特選
2007年 個展『 Coe 』(立体ギャラリー射手座/京都)







「 糸口 −部屋から−」
     紙 鉛筆 膠 白亜粉   200×200cm   2007年
小林 聡

略歴 
1983年 京都府生まれ
2006年 京都造形芸術大学 美術工芸学科 洋画コース卒業
現在   京都造形芸術大学大学院 芸術表現専攻 修士課程2回

活動歴
2004年 第3回佐藤太清賞公募美術展 佐藤太清賞
2005年 京都造形芸術大学洋画コース3回生展(アートスペース東山/京都)
     ART UNIV’05(京都キャンパスプラザ)
     個展『模景』(GALLERY RAKU/京都)
2006年 『混沌から躍り出る星たち』(ギャルリオーブ/京都 スパイラルガーデン/東京)
2007年 京展2007 入選(04’ 05’同)