第15回 国際丹南アートフェスティバル
2007
アジアの現代美術 ≪武生・大阪≫


15th International Tannan Art Festival 2007






・会期(年月日) 2007年9月4日(火)〜9月16日(日)
          休館日 なし
          時間  11:00〜19:00(最終日のみ
〜15:00

・展示スペース 全館

・作品展示内容  平面・立体作品



土岡秀太郎文化運動記念
「第15回 国際丹南アートフェスティバル2007」 アジアの現代美術

主催 丹南アートフェスティバル実行委員会
助成 芸術文化振興基金助成事業・福井県
共催 LADSギャラリー
後援 越前市・越前市教育委員会・海岸通ギャラリーCASO・さばえ現代美術センター・
    福井新聞社・NHK福井放送局・FBC福井放送・福井テレビ・FM福井・丹南ケーブルテレビ・たんなんFM79.1

8月5日(日)〜8月12日(日) 武生展 越前市民ホール、日野川河川敷
9月4日(火)〜9月16日(日) 大阪展 海岸通ギャラリー・CASO






<<素材で何ができるか>>


 ・福井・丹南地域の産業を代表する素材(鉄、土、布、木、紙)を使って新しい芸術表現の可能性を追求する。
 ・丹南地域が、素材で表現するアートの国際的な核となることを目指す。
 ・地元の若者と、国内外の作家が一つの展覧会をつくりあげることで、新しい創造性を感じさせる展覧会を目指す。
 ・丹南地域のアーティスト育成を目指す。
 ・巡回展の開催により、より多くの方々に現代美術に触れていただき交流を深める。


 丹南地域(福井県の中部の越前市、旧武生市・旧鯖江市を中心とする一帯)は現代美術のきわめて盛んな地域であり、戦前・戦後にかけて「北荘」「北美」といった前衛美術作家集団が存在し、制作活動を盛んに行うとともに多くの世に問いうる展覧会を企画し実施してきました。
 また、この一帯は多様な素材を産出する地域でもあり、金属加工・メガネフレーム・越前和紙など全国的に知られた産業も抱えています。これら丹南の産する素材の中でも代表的な鉄、土、布、木、紙などを単一もしくは複数使いながら、従来の現代美術の形式や表現方法にとらわれない展覧会を開催しようと言うのがこの企画の基本的な考え方です。
 わたしたちは「北荘」「北美」の地方運動の精神を学び、この丹南の地を地方における芸術・文化の拠点にしようと努め過去12回の展覧会を開催してきました。国内外における知名度も高くなってきており、多くの作家と丹南・武生の地で交流を深め、海外の企画展に日本から招待される機会もありました。またその一方で、丹南地域での展覧会実施は多くの地元若手作家を育成し、運営ボランティアとして集まる若者達によって次代の文化の担い手も育ちつつあります。
 多くの方々にこの展覧会を見ていただくことにより、現代美術に触れてもらい、芸術文化に親しむ土壌作りや心豊かな感性と魅力ある人間・地域づくりを目指してこれからも活動を続けることを考えております。
 いずれはこの丹南の地を、世界における芸術・文化の交流の場とすることを目指しています。(主催者)




屋外
A室
B室
Y室
X室
C室
D室