「PALLALINK EXHIBITION/
REFLECTIONS」


東陰地正喜、西川文章、PALLA(PALLALINK)






・会期(年月日) 2007年10月2日(火)〜10月7日(日)
          休館日 なし
          時間  11:00〜19:00(最終日のみ〜17:00)

・場所 海岸通ギャラリーCASO スペースB

・作品 写真、映像

2007年10月2日(火曜日)より10月7日(日曜日)まで海岸通りギャラリーCASO展示室Cにおいて開催されます、PALLALINK EXHIBITION/REFLECTIONS のご案内いたします。

本展では、今年3月に行われたCASOでの展示をさらに進展させた新作を展示します。今回は2つの映像をCASOの巨大な壁面に投影します。
作品は2面のスクリーンからそれぞれ紡がれる音と映像により、コンセプトである「単純なものから複雑なものへのダイナミズム」を体験できる巨大なインスタレーションとなります。

以下今回のコンセプトについて、PALLAのインタビューより抜粋します。
「シンメトリーであることを含め作品制作のプロセス自体、メカニカル、人工的ななものです。たとえば建築は完全に人がつくり、操るための仕組みであるにも関わらず、その集合体である都市のレベルでは自然と大差のない状況をも生み出します。私の作品はシンプルな仕組みで出来上がっているにも関わらず、たいへん複雑な構造を示します。それでもやはり個々のポイントを見ていけばシンメトリーであること、人工的であることに変わりはありません。単純なものから複雑なものへのダイナミズムが私を引きつけています」

作家情報:

東陰地正喜(映像作家)映像編集・演出
西川文章(音楽家・ギタリスト)音楽・音響
PALLA(PALLALINK)映像原案・企画・制作
http://www.pallalink.net/

協力
キヤノン株式会社