Blue Bird Cage

藤江竜太郎

FUJIE Ryutaro



 


  【Blue Bird Cage】


・会期(年月日) 2007年11月27日(火)〜12月16日(日)
          休館日 なし
          時間  11:00〜19:00(最終日のみ〜17:00)

・展示スペース X室、屋外

今年1年をかけて構想、制作、記録を行ってきた新作【Blue Bird Cage】のインスタレーションと、
【Blue Bird  Cafe】のインスタレーションの2点の展示を予定。




【Blue Bird Cafe】
藤江竜太郎の作品は、素材も形態も多岐に渡っており、場の歴史や意味を探り、それを読み解きつつ、手を加えたインスタレーションとなっている。
自然への畏敬の念を感じさせると同時に、声高に主張するものではないが、場になじみながらも社会批判のメッセージも含んでいる。
今回、展示した作品は、2005年に制作された≪月香≫を再構成したものであり、円環状の鳥籠の形をしている。もしも、この中で鳥が飼われたとしても、ぐるぐると籠の中をまわり続けるしかなく、しかも、飛びまわるには幅が狭い。この作品で藤江は鳥籠の鳥に、社会という枠の中でしか生きられない人間の姿を重ね合わせてみせた。この作品を「わたしの庭とみんなの庭」に開設されたカフェに、≪Blue Bird Cafe≫とタイトルを変えて展示した時、作品の持つ意味が反転することになった。カフェの最も端にあるテーブルを鳥専用とし、餌と水を置き、鳥を呼び寄せる装置とした。このカフェに設置されることで、人間も鳥も同じく寛ぎ、飲食する場の象徴となったのだ。 
評:岡本芳枝 (学芸員)




作家経歴
藤江竜太郎 FUJIE Ryutaro
1978年 広島生まれ/広島在住
      広島市立大学大学院芸術学研究科博士前期課程修了

[グループ展]
2007 広島市立大学前竹林再生プロジェクト 2006-2007、広島
2007 旧中工場アートプロジェクト「わたしの庭とみんなの庭」、広島
2007 現代の造形-Life&Art-「竹 美への叢生」東広島市美術館、広島
2006 北村西望生誕地現代彫刻プロジェクトFROM LIFE、長崎
2006 広島市立大学・ニュルンベルク美術大学アートプロジェクト- KHORA2-、ニュルンベルク、ドイツ
2006 「Stenkunst Hvaler」バーラー、ノルウェー
2005 広島市立大学・ニュルンベルク美術大学アートプロジェクト- KHORA-、広島
2002 「世界遺産白川郷芸術祭」白川郷、白川
2002 「HOPES展」ふくやま美術館、福山
2000 「Will展」JTギャラリー、広島
1999 「カナーマン×13展」クロック・ワークス、東京

Web:http://ryutaro.sakura.ne.jp/