森俊夫展

森俊夫

MORI Toshio




 「空間の系譜 II」


・会期 2008年1月8日(火)〜1月20日(日) 会期中無休

・時間 11:00〜19:00 (最終日〜17:00)

・会場 海岸通ギャラリー・CASO A室

・作品 フォトコピー、セリグラフ、ドゥローイング

1990年代に制作した平面作品を中心に新作を含めて12点を展示。
平面における二次元空間表現と三次元空間表現とのイリュージョンや
デジタル写真表現と手描きドゥローイング表現の混在による空間表現の
追求を目的に制作しています。


コメント;
1972年の初個展以来、リトグラフ、ドゥローイング、アッサンブラージュ、写真、
インスタレーション、フォトコピー、セリグラフなどと様々な手法で制作を試みて
きたが、一貫して興味を持って来た事柄は、空間表現の新しい可能性である。

絵画とは違う版画の刷りによる表現、こすりだしによるイメージと描かれた
ドゥローイングによる表現の対比、写真による平面空間とポリエスターによる
立体との融合から来るイメージの創造、写真表現とドゥローイングによる無機質な
空間と手業による有機的なドゥローイング表現など、その時々、相反すると
思われる物質や空間感の同時存在によって新しい空間やイメージ表現の可能性が
制作の上での大きな関心事である。

「NIWATORI 2007」


森 俊夫 (1948 岡山市生まれ)

1977-73 プラット・インスティテュート、プラット・グラフィックス・センター(ニューヨーク)に学ぶ
1972 京都市立芸術大学美術専攻科西洋画専攻修了

個 展
ガレリア・グラフィカ、グリーンコレクションズ・マルティプル、不二画廊、信濃橋画廊等で18回

グループ展・受賞、他
第24回現代日本美術展/兵庫県立近代美術館賞(東京都美術館他)、
大阪トリエンナーレ‘94(マイドーム大阪)、アートビエンナーレ京都‘93/優秀賞、
第7回吉原洽良賞美術コンクール/優秀賞、
天理ビエンナーレ‘93/部門賞(セントラル美術館他)、
第1回軽井沢ドゥローイングビエンナーレ/入賞(脇田美術館・猪熊玄一郎現代美術館)、
‘930BAYASHI絵画イラストコンクール/優秀賞(ABCギャラリー他)、
アート・ナウ’80(兵庫県立近代美術館)、

その他
1998 平成10年度文化庁派遣芸術家在外研修員(ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジ)
1995 フラット・インスティテュート(ニューヨーク)
    コンピュータ・グラフィックス学科客員教員(Guest Faculty Member)
現在 京都文教大学現代社会学科教授





展覧会風景