YO ICHIKAWA 市川洋展








・会期 2008年4月1日(火)〜4月13日(日) 会期中無休

・時間 11:00〜19:00 (最終日〜17:00)

・会場 海岸通ギャラリー・CASO A, B, Y室

・作品 平面


講演 「空間に対する諦観」 市川洋
    4月1日(火) 17:30〜

日仏交流150周年記念
協賛・フランス大使館、株式会社住友倉庫

巡回
2008年3月25日(火)〜30日 京都文化博物館
2008年4月1日(火)〜13日(日) CASO、大阪
 ・ 2008年4月8日(火)〜13日(日) 楓ギャラリー、大阪にて同時開催
2008年4月16日(水)〜20日(日) 府中市文化センター、広島




滞仏も41年になります。それは須臾の間。
絵を描いた思い出しかありません。その間の思考による作品を、
自他共に「Peinture Transformative」(可変絵画)と呼んでいます。
もし、正方形の9枚に分割されたタブローなら、その表裏の組み合わせは
(4x2)2x9! = 48,704,929,136,640回の変化を可能としますし、単に
イメージの変化にとどまらず、見る人の気持ちを浄化する高度な精神性、
絶対の沈黙、超感覚的な瞑想の境地へと導く、そのような作品を
希っているのです。

市川洋



1929年 広島県府中に生まれる
1948年 上村松園、松篁に師事
1954年 京都美術大学(現、市立芸術大学)日本画科卒業
1956年 同学専攻科修了、堂本印象に師事
1956年- 日展、京展、関西展、日本画新人展などに出展
      大阪毎日ギャラリー、東京資生堂ギャラリー、京都青銅ギャラリー、アヅマギャラリー、福山天満屋などで個展
1966年 渡仏、フランスほか欧州、日本でグループ展、個展多数