甲斐良夫 KAI Yoshio


「ameba という人-シリーズ : 鉄」







・会期 2008年4月15日(火)〜4月27日(日) 会期中無休

・時間 11:00〜19:00 (最終日〜17:00)

・会場 海岸通ギャラリー・CASO B室

・作品 立体

・協賛 住友倉庫




 ameba という人

 蠢くごとくに上下左右する
 それは意識する以前の次元にあり
 別の生き物でもある
 指示を待つというようなことはしてくれない
 つらい過去もそして楽しく気儘ともいえる
 それは有限という認識からの逃避なのか
 青い惑星を知ることの自己嫌悪なのか
 明るく輝かしい目をした子供は
 羨むほどに立派な歯並びをしている
 まだ それは寛容にいてくれるだろうか
 人の心の密度はますます弛み行くなか
 その生き物を宥めることはむずかしい
 今はその蠢く主は
 この青い鉱物をも味わいつくそうとしている





 略歴
 1944 大分県生まれ
 1965 坪井一男に師事する。

 1990年代以降の主な個展
 1991 「浮遊する土」 AD&Aギャラリー、大阪
 1992 「つちのはし」 ギャラリー白、大阪
 1993 画廊の視点 大阪府立現代美術センター
 1994 「たつというわだかまり」 ギャラリーすずき、京都
     「記憶の土-楽園そして楽園」 ABCギャラリー、大阪
 1996 「地球を放り投げる」 ギャラリーすずき、京都
 1998 比良から新しい風が・・・ 比良美術館、滋賀
     「饒舌と沈黙」 ABCギャラリー、大阪
 1999 「しょうひのかたち」 ギャラリー楓、大阪
 2001 「空気」 ギャラリー楓、大阪
 2002 「フラッグ」 AD&Aギャラリー、大阪
 2004 「遊熱」 ギャラリー白、大阪
 2005 「鳥瞰―遊熱」 CASO、大阪