Impulses

クリス・イクウエメシ 
C. Krydz Ikwuemesi





・会期(年月日) 2008年9月23日(火)〜10月5日(日)
          休館日 なし
          時間  11:00〜19:00 (最終日 〜17:00)

・展示スペース X室

・作品展示内容   平面




 C. Krydz Ikwuemesi www.heavensgate-ng.com
 Impulses
 paintings and drawings

 September 23 - October 5, 2008
  (opening reception: 5.30pm, September 30)

C. Krydz Ikwuemesi (b. 1967), painter and theorist, studied at University of Nigeria, Nsukka, graduating in first class in 1992.

He is founding member of the Pan-African Circle of Artists (PACA) and a trustee of The Art Republic.
He has participated in workshops and creative residencies in Europe and America and is the Director of Afrika Heritage
(the PACA Biennale) and Overcoming Maps ( PACA’s Study Tour of Africa).
His ongoing exhibition/research project “20th Century Art: a Story from Nigeria" will culminate in a major exhibition and publication
with the same title in 2009.
Ikwuemesi has researched and published on aspects of traditional arts of the Igbo of eastern Nigeria and is presently engaged
in a comparative study of Igbo and Ainu arts and cultures.
He is a Senior Lecturer at the University of Nigeria and currently a Visiting Associate Professor at the National Museum of
Ethnology, Osaka, Japan (February - November 2008).

Ikwuemesi’s paintings are full of imagery and tend to address transnational issues coloured by his personal experiences and cultural background.



クリス・イクエメシ(1967年生まれ)画家・批評家

 ンスカのナイジェリア大学を1992年に首席で卒業。パン・アフリカ芸術家サークル(PACA)の創立メンバーであり、芸術団体の理事でもある。
 ヨーロッパやアメリカの数々のワークショップや創作研修に参加。また「アフリカの遺産」(PACAのビエンナーレ)や「地図を超えて」(PACAのアフリカに
おけるスタディツアー)などのイべントの監修を務める。
 現在進行中の展覧・研究プロジェクトは「20世紀の芸術〜ナイジェリアより〜」と題され、その集大成として同タイトルを付された大規模な展覧会や
各種出版が2009年に予定されている。
 イクエメシ氏はナイジェリア東部のイボ族の伝統芸術について研究、出版活動を行ってきた。ナイジェリア大学の上級講師であり、現在はイボとアイヌの
芸術・文化面での比較研究に取り組み、大阪の国立民族博物館で客員教授を務めている。(2008年2月から11月まで)

 イクエメシ氏の作品は比喩的な表現に満ちあふれており、彼自身の経験や文化的背景に彩られて、国境を越えた作品となっている。