張義明造形陶芸展
  森羅万象 ―響きあう命―

The Ceramic Sculptures Exhibition of Yih- Ming Chang






・会期(年月日) 2008年10月14日(火)〜10月26日(日)
          休館日 なし
          時間  11:00〜19:00 (最終日 〜17:00)

  Opening party 2008.10.18 (土)  15:00〜

  ワークショップ (参加費無料)
    2008.10.19 (日)   11:00〜12:00、  15:00〜16:00の2回  @CASO2階ラウンジ 

    ワークショップとしては平日には近隣の学校の生徒さんを対象として作品解説などを行い、
    週末には一般の方を対象に無償で行いたいと思っています。
    内容は作品解説(この時に作品にも直に触れて頂きたいと思っています)と陶芸体験を考えていて、
    陶芸体験としては道具は使わずに<土による造形遊び>として、ヒモ造りなどを用いたオブジェの
    制作を行って頂きたいと思っています。(土はこちらでご用意いたしますが、焼成はせずにお持ち帰り
    いただく予定です)



・展示スペース A 室

・作品展示内容   陶磁器、および陶によるインスタレーション


張義明さんは台湾出身で京都教育大学で陶芸を学び、現在は和歌山県の山間部の龍神村で
制作をされる一方、日本や台湾などで陶のインスタレーションを行っています。
今回の展覧会は、CASO最大の天井高6mの空間で行われます。




個展開催にあたって
全ての命は、大地に生れ、水を飲み、空気に触れ、日に照らされ、様々な出会いを繰り返しながら互いを響かせ合い、
自在に変化しながらもその輝きを増していくものだ。と私は考えています。
土の塊から生を授かる陶もまた同じ。
作者の手に出会い、形を変え、日に乾かされ、炎に焼かれて、始めて形が定まり、光を放ち始めます。
そして、その姿は、同じ工程で作られようとも同じものはひとつとしてありません。
私は、陶が生まれるまでの、この様々な過程に<誕生><成長><出会い>を感じ、これらが宇宙萬物・
人生百態を見せてくれているように思われます。

今回の展覧会では、身近な器から立体造型まで、混じりけのない純白の陶の中に、原点である零・人の輪・
母なる地球等の意味合いを持つ円・球、宇宙・舞台など空間の意味合いを持つ六面体をモチーフとし、様々な
躍動する生の形を制作しました。
これらの作品に出会い、心で感じ、直に触れ、音を聴いて、自由に五感で触れ合っていただきたい、と思っています。

今回の展覧会並びにワークショップは、陶芸を始めて10年になるのを機に、いままで支えてくださった方々
への感謝の気持ちを忘れず、作家なりの陶芸を通したご恩返しのつもりで、一般の方だけでなく、子供から
ご高齢の方、目が不自由などの障害のある方などにも陶芸に触れて親しんでいただければとの思いをこめて、
一部実際に手で触れて頂ける作品を展示し、作品解説や陶芸体験なども開催いたします。

私達と原点を同じくする大地から生まれた生命である陶を通して、静寂の中にある生命の息づかいを感じて下さい。




張 義明 プロフィール

1967年 台湾・台北市に生まれる
1997年 京都教育大学教育学部美術科卒業
2000年 陶芸ジャパン2000陶芸コンテスト大賞 受賞(大阪)
2001年 和歌山大学大学院美術教育陶芸科修了
      和歌山県立南部高校龍神分校美術講師となる
      金沢わん・ONE大賞2001入選(金沢)
      長三賞陶芸展ビエンナーレ展入選(常滑)
2002年 富嶽ビエンナーレ入選(静岡)
2003年 京都市美術展 入選(京都)
      個展 ギャラリーマロニエ(京都)
2004年 個展 季楽里龍神(和歌山)
2005年 金沢わん・ONE大賞2005入選(金沢)
      長三賞陶芸展ビエンナーレ展入選(常滑)
      個展 遊工房ART SPACE(東京)
      個展 温泉旅館上御殿(和歌山)
2006年 大阪工芸展クラフト部門受賞(大阪)
      個展 梅樹庵(和歌山)
      個展 台北県立鶯歌陶瓷博物館(台湾・台北)
2007年 個展 国立台北芸術大学關渡美術館(台湾・台北)
      神戸ビエンナーレ 現代陶芸展入選(神戸)

Yih-Ming Chang Personal History

1967 Born in Taipei,Taiwan
1997 Graduated from Kyoto Kyoiku Daigaku (Kyoto Univesity of Education),Japan
2000 Gold Award,Japan 2000 Ceramic Competition
2001 Graduated from the Department of Art Education in Ceramics (under the instruction of Prof.Tohzan Miyanaga) Wakayama University,Japan
    Ceramic Lecturer,Prefectional Minabe Seinior Hight School,Japan
    Under the instruction of Ategawagama,Minoru Okada
2004 Finalist,Kyoto Art Exhibition,Japan
    Solo Exhibition,Gallery Maronie,Kyoto,Japan
2005 Finalist,Kanazawa Wan&One 2005,Japan
    Solo Exhibition,Youkobo Art Space,Tokyo,Japan
2006 Craft Award,Osaka Craft Exhibition,Japan
    Solo Exhibition,Taipei County Yingge Ceramics Museum,Taiwan
2007 Solo Exhibition,Kuandu Museum of Fin Arts,Taipei National University of The Arts,Taiwan
    Finalist,Modern Ceramics International Exhibition,Kobe Biennnale 2008,Japan
2008 Solo Exhibition, Kaiganndori Gallery CASO,Osaka, Japan






CASO展示風景