"Privilege"

Gary McLeod






・会期  2009年7月28日(火)〜8月2日(日)

・時間  11:00〜19:00 (最終日は17:00まで)

・会場  海岸通ギャラリー・CASO D室

・特別賛助 Japanzine, Kathmandu Cafe, Tokyo VR Studio, Japan Indies, Mojoprint, SoHo Art Gallery and Metropolis.


2009年7月28日から8月2日まで、ゲイリー・マクレオド(Gary McLeod) の「Privilege」展を開催いたします。

「Privilege」 は、Gary McLeod によるビデオインスタレーションで、日本国内で働く英語教師たちのインタビューと肖像を投影するものです。
写真の形式にプリントされたものは東京での展示の後、ロンドンの自然史博物館に寄付される予定になっています。

2006年の「Escalate」展に続く、CASOでの2回目の展覧会です。





Privilege (特権)
ゲイリー・マクレオド(Gary McLeod)による、日本在住の英語教師についての展覧会


--------------------------------------------------------------------------------


かつて、世界を見たいと願う若者にとって数少ない手段は、莫大な富を費やすか、さもなければ海軍に入るかしかなかった。
今日では、英語を教えればよい。

ヴィクトリア朝時代の1872年から1876年にかけて撮られた、各地の先住民族たちの写真集から着想を得た「Privilege」シリーズは、Facebookなどのソーシャルネットワーキングサービスを通じて日本全国から集まった英語教師たちのインタビューなどを行い、これら短期労働者達の写真アーカイヴを作成することを目的とした。これらの写真は、今日の日本製デジタルカメラに、1878年製のイギリスのレンズを取り付けた特別なカメラで撮影されている。

写真はそれぞれ300枚以上の写真を合成してひとつの写真としたもので、一人について20分から25分の撮影と、その後に4時間から5時間にかけての編集時間を必要とした。その結果、それぞれの人物の断片的であると同時に真摯な描写が得られている。

このプロジェクトの被写体となった人々は、Facebookなどのソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を通じて集まった。さまざまな英語圏の国々から来て日本に1年以上滞在している100人以上の教師たちからなる写真アーカイヴは、ビザや英語教師やSNSといった、将来存続するか定かではない仕組みを利用している人々の記録でもある。

写真をプリントしたものは、この(2009年の)秋に一括してロンドンの自然史博物館に寄付され、19世紀後半の先住民族たちの写真とともにコレクションされる。その前に大阪で映像インスタレーションとして、教師たちの言葉を日本人の生徒たちが朗読したナレーションとともに映写される。

今後の予定
2009年8月1日〜8月28日 FCCJ: The Foreign Correspondents' Club of Japan、東京 (展覧会情報
2009年9月17日〜9月23日 瑞聖寺アートプロジェクト(ZAP Zuishoji Art Projects)、東京

www.garymcleod.co.uk




Privilege
An exhibition of English teachers in Japan by Gary McLeod


--------------------------------------------------------------------------------


In the old days, some of the few ways to see the world was with wealth or by joining the navy.
These days, its teaching English.

Inspired by Victorian photographs of native races taken between 1872 and1876, "Privilege" involved the documenting and interviewing of English teachers in Japan for the purpose of creating a photographic archive of these transient workers. These photographs are taken with a hybrid camera that consists of an 1878 British lens and Japanese digital camera.
This combination required 300 individual photographs for one picture, which are stitched together afterwards, taking 20-25 minutes to shoot and 4-5 hours to stitch. The result is a fragmented but honest image of each English teacher.

Having made large use of Social Networking websites to recruit volunteers, the collection consists of over 100 teachers from various English-speaking countries taken over one year in Japan. They are a record of people taking an opportunity that may or may not be around forever.
A printed version of the collection will be donated to the Natural History Museum in London in autumn, but here they will be exhibited in digital format alongside the teachers’ words as narrated by students of their language.
These works will also be exhibited in Tokyo in August and September.


Visit the artist website for more details: www.garymcleod.co.uk