SOT第二回展
沖縄県立芸術大学 工芸専攻卒業生






・会期  2009年8月4日(火)〜8月9日(日)

・時間  11:00〜19:00 (最終日は17:00まで)

・会場  海岸通ギャラリー・CASO X室



沖縄県立芸術大学 工芸専攻 卒業生/在校生


作家

今津奈々子 得平智子 岡野宏宣 大城水絵 

笠原紗也華 神谷あかね 小池亜由美

五味文子 杉 枝里奈 鈴木仁美 関矢 愛 

南家和香子 平良仁美 塚田絢子

仲井眞 麻 永富真利子 比嘉彩子 平柿聡子 

真砂有里 松本唱子 宮城綾乃

森吉奈津子 山崎梢 横田裕子 与那嶺浩代
2009年8月 第2回SOT展 (CASO)  展示風景
2008年6月 第1回SOT展 展示風景 (沖縄県立芸術大学図書館)



   SOT第二回展

 −Cross Road−
 独特の気候・風土・歴史、それらに育まれた独自の文化を今も色濃く残す沖縄という土地。
 沖縄県立芸術大学工芸専攻に日本全国各地から集まった学生は、現代の芸術・技術とともに
 沖縄の個性豊かな文化を吸収し、卒業後は沖縄に留まる者、全国または世界にその活躍の
 場を求める者様々です。
 その各地で活動を続ける者達が再び集まり、今度はそれぞれの拠点で展示会を開くことで、
 色々な土地に触れ、再び影響を及ぼし合ってさらに創作・活動の意欲を高めていこうとSOTは
 2008年に結成されました。「 」は工芸の陶芸・染色・織のそれぞれの素材あるいは要素である、
 「土」「色」「糸」を組み合わせた新たな文字で、「染め=Some」「織り=Ori」[陶芸=Tougei]の
 頭文字をとって、「SOT=ソット」と読みます。
 2008年の第一回展は「それぞれの今」と題して、私たちが出発した場所、沖縄で開催しました。
 今回の第二回展は、関西在住の者達が中心となって大阪で開催します。
 展示テーマは「Cross Road」、道の交わる場所です。道が交わるところは人が交わり、文化が
 交わります。そこは新たなものが生まれる可能性を含んだ場所でもあるでしょう。全国で創作活動を
 する沖縄県立芸術大学の卒業生が再び集まります。それぞれの道を歩む者が大阪でCROSSします。
 沖縄または各活動拠点の文化が作品を通して交流することでしょう。この展示会はその交流に
 留まらず、展示をする者、展示を見る者の両者が互いに影響し、刺激し、そしてそのことから新たな
 インスピレーションが生まれ、創作が生み出されることが目的でありテーマです。
 私たちはこの展示をより多くの人々に観て頂き、作品を通じて交流し、見せる者、観る者の両者が
 新たな創意を持って、それぞれの道をより豊かに歩んでいく機会にしたいと願っています。


 SOT略暦
  2008年 2月結成
  2008年 6月5日〜10日 第1回SOT展 沖縄県立芸術大学付属図書館
  2009年 8月4日〜 9日 第2回SOT展 海岸通ギャラリーCASO(予定)