CASOにおける
デカルコマニィ的展開
「青空展」


AOZORA








・会期  2009年10月27日(火)〜11月1日(日)

・時間
   火・水・金  11:00〜19:00
   木・土    11:00〜19:30
   日       11:00〜17:00

・会場  海岸通ギャラリー・CASO X室

・内容  パフォーマンスほか



  for more info: http://kahara.typepad.jp/dm/2009/09/091027111-c226.html



この企画は「デカルコマニィ→シュルレアリスム→集団創造→風景の捏造」と展開します。
「表現とはイデオロギー諸形態である!」に起想するのですが、「表現」とは押並べてコミュニケーションのことではないかと考えます。

古から人間関係が悩み事。
私と貴方、私達と貴方、私と貴方達、私達と貴方達、私と私達、・・・個から集(衆)へ、集(衆)から個へ・・・がテーマです。
作者は何を拠所にして、何(誰)に向けて、何を発表するのか?
私は、それを「踊る」という行為からアプローチしてみたいのです。

「踊り手/役者」として舞台に立ってきての実感です。
演出/振付家がいて、踊り手がいて、音楽/衣裳/舞台美術/照明/大道具/小道具/宣伝美術/記録/などのスタッフがいて、あれやこれやで舞台空間(劇場)がある。
自分の行為なのに「私は誰のために何故踊っているのか?」の想いが浮かんだり沈んだり・・・無責任とも思える「客席の拍手」に蒼褪める。
分野や世界は違え、きっとそんな想いが地球上を覆っているのだと思います。
どこかでボタンの掛け違いをしたまま来てしまった結果・・・?

できるだけフラットな関係でそこに居ることをやってみたい。
何かを水平な関係で展示することから見えてくる世界を見たい!
私は「踊る」を展示します。

音楽、踊り、写真、絵画、オブジェ、演劇・・・等々、私(デカルコ・マリィ)の知る人たちに声を掛けてパノラマを展開します。



[写真/絵画/オブジェ/・・・等]
小倉恒雄(映像) / 加原敏巳(写真) / 川本充(絵画) /
小金丸千秋(ディスプレイ&販売・Antenna) / 成田久司(オブジェ) /
花村容寛+トモダ(十穴工房&ハーモニカ演奏) /
樋上ひとみ(オブジェ・Antenna) / 松石俊夫(絵画) /
三喜徹雄(猫バッジ売り) / 横山浩一(写真)

[音楽]
有本羅人(管楽器) / 大竹徹(ビオラ) / 尾中泰雄(バイオリン) /
片岡祥三+連(トロンボ〜ン&泣き声) / 木内健弘(コントラバス) /
田中康之(タイコ) / 土本裕子(能笛) / なぎひろし(ギタ〜&歌) /
野津昌太郎(ギタ〜) / 早川テルオ(タイコ&他) / ミッシー三島(管楽器)

[演劇/ダンス/・・・等]
ありさ(ダンス・四方館) / 石井与志子(ダンス) / イシダトウショウ(演劇) /
井下ヒデ(ダンス) / 色派タロウ(芝刈) / 岡田雅代(ダンス) /
岡林綾(ダンス・四方館) / 菊池ユリ(舞) / 小嶺由貴(ダンス) /
末永純子(ダンス・四方館) / 高島明子(ダンス) / 野淵杏子(ダンス) /
林田鉄(舞踊家・四方館) / 平山佳子(ダンス) / 森島eko(ダンス) /
山田いずみ(ダンス) / 凛ギイ(舞踏) / マリィ(アングラ) …more!



 写真by横山浩一