俺たちのマニフォールド
"Our Manifold"


京都造形芸術大学 木村克朗ゼミ展


Katsuro KIMURA seminar, Kyoto Zokei Univ







・会期  2009年11月24日(火)〜11月29日(日)

・時間  11:00〜19:00 (最終日は17:00まで)

・会場  海岸通ギャラリー・CASO C室

・内容  絵画

・作家 渡嘉敷裕梨、坂井良太、武田敦子、中村貴弥、中村哲也


「俺たちのマニフォールド」展に寄せて

京都造形芸術大学大学院木村ゼミ生5名によるグループ展である。
”マニフォールド”とは多様性という意味を含んでいるが、、それぞれの表現もそうであるように、
社会そのものがその渦の塊であるし、その中でどのようにコミュニケーションの軸になるか期待している。

京都造形芸術大学教授 木村克朗


渡嘉敷裕梨 / TOKASHIKI Yuri

実在する日常的な空間の静寂を存続させるため、
簡素な要素で表現しようとしている。





坂井良太 / SAKAI Ryota

小説で用いられる文字や、数学で用いられる数字のように、
イメージを想起させるための記号としての意味を強く持つ
絵画とする。





武田敦子 / TAKEDA Atsuko

頭と頭をつなげたら何ができるのか。
簡単なワークショップを開催します(参加自由)。
それぞれの感性によって筆が踊りだす、共通の答えが現われて
いるのかどうか分からないけれどいつももどかしいと感じる関係に
ついてがテーマです。





中村貴弥 / NAKAMURA Takaya

独創的かつ普遍的な美をテーマに
独自の空間作りを試みています。





中村哲也 / NAKAMURA Tetsuya

目で触れるような感覚に興味があります。