A-21 国際美術展

  A-21 International art exhibition


A-21 国際美術展

会期 2004年4月6日(火)〜4月11日(日) 11:00〜19:00(最終日16:00まで)
会場 海岸通ギャラリー・CASO 全館

シンポジウム **終了**
  4月10日(土) 14:00〜16:00 CASOにて
パネリスト:
 Ola Kujawska, Kasia Kujawska(ポーランド)
 David Oates(英国)
 松田富雄、山本美佐子、福岡千香子(日本)
司会進行:坂上義太郎(伊丹市立美術館)


 主催 A-21国際美術展
 後援 讀賣新聞大阪本社
     文化庁「関西元気文化圏」参加事業
 2004年11月〜12月、ポーランド・ポズナンとクラクフに巡回
 (ポズナン: ポズナン市立アルセナウギャラリー、11月5日〜11月28日)


A-21国際美術展より:
 21世紀は人間の生命と尊厳を守るために、英知と行動力が真に問われる世紀となるでしょう。
 この機にあたり世界各国の独自の新鮮な感性と若々しい精神をもって、人種・民族・宗教・国教等の
垣根を越えた平和な新世紀にすべく新しい美術運動を開始します。
 A-21国際美術展は2001年に和歌山文化会館で6カ国のアーティストが作品を持ち寄り第1回展を開催
いたしました。今回は日本とポーランドの2カ国で開催し、多数の海外からの出展を予定しています。

 大阪では海外からの出展者と、創作についての現状などを紹介しあうシンポジウムを計画しています。
 海外との文化交流はごく限られた作品を鑑賞するにとどまっており、普段着の作家同士、各国の展覧会・
個展事情などを知るような交流の場はなかなかないのが実情です。少しでもそのような機会になりますよう
ぜひご参加ください。


A-21 国際美術展 A-21 国際美術展

参加作家


秋山邦彦
浅利美織
飴谷尚子
粟津尚子
石津豊子
伊藤久代
伊藤文代
稲葉高志
今井恵子
今沢なつ子
今村和人
岩ア朝子
岩田満穂
梅村美登里
枝松未宙
大植基正
岡本真由美
尾崎真一
尾崎水耶
小野晃蔵
角谷功次
綛谷千恵子
羯磨紀彦
勝谷龍亮
川口和彦



川西玉峰
岸本宗也
木村泰治
久原鉄秀
久保晴彦
窪田順
久保田益弘
小泉桂子
後藤孝二
小山照生
左海和可子
阪口秀子
佐古馨
笹川まさ子
澤田周平
三田耕之
鹿間厚次郎
嶋上敏幸
島本勇二郎
白戸正明
杉瀬公美
瀬戸栄美子
高原正成
高松敦
田中泰裕


田辺朋宣
谷口貞久
田村武史
戸狩うた
戸田津鈴
豊下康次
中川廣海
中嶋雄二
中根和美
中野京子
中間道春
中村美音代
中村美和子
中本利史子
新山景子
新田くに子
根岸英子
野口かずみ
ノブコウエダ
橋本清
林正己
原田明
播本理恵
半場久美子
藤川奈苗


福吉久代
藤本勝
藤原拓也
松田富雄
松野じゅんこ
宮田聖子
道下崇生
光田千代
森本恭代
森山陽子
山内比呂子
山岡敏明
山口惠子
山田葉子
山部雅子
山本久治
山本美佐子
遊上陽子
吉田千秋
吉田哲夫
米田整弘
若山保夫
八木道夫



ポーランド POLAND
Edyta Draus
Agata Drogowska
Sylwia Gorak
Adam Kalinowski
Pawel Kaszczynski
Ola Kujawska
Kasia Kujawska
Arek Marcinkowski
Anita Pasikowska
Laura Pawela
Wladek Radziwillowicz
Marcelina Wojciechowska
Zygmunt Rytka

英国 UK
Aude Herail-Jager
David Oates
Barbara Delaney
Bess Frimodig
Andy Price
Lee Triming
Virginia Verran
Karine Pradier
Cecile Colle
Ralf Nuhn
Kasia Molga

フランス FRANCE
Chen Jang-hua
Chiu Chi-Chin
Helene Marcoz
Stephane Jullien
Dewachter Delphine
Teddy Peix

ドイツ GERMANY
Andrzey Nowacki
Fritz Best

ネパール NEPAL
Krishna Manandhar
Ramesh Chitrakar
Soorya Lama

韓国 KOREA
洪祥文
洪炳学
金春玉
李錫九
尹王鎭

 

▲back