第29回 帝塚山学院小学校 美術展


 Tezukayama Gakuin Elementary School
 Art Course Exhibition






・会期  2006年2月7日(火)〜2月12日(日)
       休 み:なし
       時 間:11:00〜19:00(最終日のみ17:00)

・会場  海岸通ギャラリー・CASO A・B・C・D・X・Y室

 帝塚山学院小学校は、大正6年に創立した大阪の私立小学校です。美術教育に熱心なこの学校の、日頃の美術教育の成果を展覧します。

 それぞれの学年ごとに、毎年異なったテーマが複数設定され、子供達は自由な発想を駆使して制作に取り組みます。締切でせかされることはありません。
 800名の全校生徒の作品のうち、力作や秀作を選抜して額装し、毎年この時期に美術展が行われます。1年生は毎年全員出品され、その後も全生徒が在学中に一回は必ず展示されるようになっています。



  帝塚山学院小学校
  〒558-0053 大阪市住吉区帝塚山中3-10-51
  tel:06-6672-1151

 1年:
「いきもの」・・・一年生全員出品作品。
  スチレン版画(一版多色)の技法で、いきものを表現します。紙の裏から彩色を施しています。

「自分の顔」・・・鏡を良く見て、自分の顔を表現しました。

「いろいろな世界」・・・「雲・鳥・人・花・虹」の言葉を使って自分なりの風景に表現しました。色遊びをしたときの画用紙を使ったコラージュです。

「色の世界の動物」・・・色の世界に住む動物達をB1の大きな画用紙に表現しました。

 2年:
「葉っぱの絵 I」・・・葉をよく観察し、それをもとに葉脈のイメージを表現しました。自分なりの色の世界を表現しています。

「葉っぱの絵 II」・・・「I」と同じく葉脈のイメージを紙紐を使って表現しました。

「大きい絵」・・・「おおきい」というテーマで何が表現できるか挑戦しました。

「長い絵」・・・細長い紙を使って自分のイメージを表現しました。

「鳥の遊園地」・・・鳥を紙で立体制作し、遊園地で遊んでいる様子を表現しました。
 3年:
「幻の魚」・・・想像上の魚をスチレン版画の技法を使って表現しました。

「夢の建物」・・・ローラー遊びをした紙に、修正ペンを使い、夢の建物を表現しました。

「風」・・・目には見えない風自体を、色と形で表現しました。手作りの色紙を使用しています。

 4年:
「文字のデザイン」・・・漢字一文字を、自分のイメージで表現しました。

「秘密の地図」・・・オートマティックにできた線を「地図」に見立てて制作しました。自分の大切にしているものをどこかに隠して描いています。

「歌っている顔」・・・歌っている顔をデッサンし、その曲のイメージで顔を表現しています。

 5年:
「不思議な生き物」・・・形は不思議だけど心は優しい生き物をイメージし、アクリル絵の具で表現しました。

「形をとる」・・・身の回りのものをアルミ箔で型取りし、それらを自分なりに構成しました。

「虫の標本箱」・・・捨てられるものを使い、珍しい虫をイメージして表現しました。

 6年:
「自画像」・・・木版画の技法で自画像を制作しました。じっくりと自分に向き合い表現しました。

「幻の鳥」・・・空想上の鳥をゴム版画で表現しました。着彩方法は、作品の裏から絵の具を染みこませる裏着彩という技法を用いました。

「世界でたった一つだけの植物(花)」・・・自分の考えた植物(花)をステンシルの技法で表現しました。



A室
B室
Y室
C室
D室
X室

 

▲back