第31回 帝塚山学院小学校美術展






・会期(年月日) 2008年2月5日(火)〜2月10日(日)
          休館日 なし
          時間  11:00〜19:00(最終日のみ〜15:00)

・展示スペース A, B, C, D, X, Y室


 帝塚山学院小学校は、大正6年に創立した大阪の私立小学校です。
美術教育に熱心なこの学校の、日頃の美術教育の成果を展覧します。

 それぞれの学年ごとに、毎年異なったテーマが複数設定され、
子供達は自由な発想を駆使して制作に取り組みます。締切でせかされる
ことはありません。

 800名の全校生徒の作品のうち、力作や秀作を選抜して額装し、毎年
この時期に美術展が行われます。1年生は毎年全員出品され、その後も
全生徒が在学中に一回は必ず展示されるようになっています。



  帝塚山学院小学校
  〒558-0053 大阪市住吉区帝塚山中3-10-51
  tel:06-6672-1151



 1年:
「花」・・・一年生全員出品作品。
本物の花をよく見て描きました。絵具は油絵具を使いました。

「ひまわり」・・・学校で育てたひまわりをよく見て描きました。染めの技法を使っています。

「貼り絵」・・・自分で色紙を作り、人・鳥・虹・花・雲を題材にして貼り絵で表現しました。

 2年:
「キラキラの宇宙」・・・ラメのりを使って宇宙の星を表現しました。誰もが行ったことのない光のない宇宙には、何があるのか、想像して描きました。

「キリキリ」・・・いろいろな切り絵に挑戦しました。どこまで細かく切れるか、またそれによってどんな形ができるか実験しました。

「おさらの上のさかな」・・・自分自身で凹凸のある素材を探し出し、それを材料にしてコラグラフ(紙版画)の技法に挑戦しました。印刷はプレスを使っています。

 3年:
「変身隈取」・・・歌舞伎役者の方に来ていただき、歌舞伎の隈取を体験しました。
隈取の色の意味を学び、自分なりの色の意味を考えて「隈」を取りました。
最後に歌舞伎の儀式である「押隈」も行いました。

織り檻」・・・新聞紙を織りの技法を用いて織りました。そこからできた形を使って作品を制作しました。制作時はテーブルを片付け、床で体全体を使って表現しました。

 4年:
「夢の木」・・・白画用紙に隙間なく、クレパスで色をつけます。その上から黒クレパスで塗り重ね、木の形に切ります。
そして先のとがったニードルで引っかき、夢の木を表現しました。葉には、手作り色紙を使っています。

「花」・・・実際の花をよく見て、構成しました。塩ビ板にステンドカラーという絵の具で着色し制作しました。

 5年:
テープの世界」・・・カセットテープ・紙テープ・マスキングテープの三種類のテープを手に入れ、それらを用いて自分で何を作るか計画し作品を制作しました。
カセットテープに入った曲を聴きながら制作しています。

「光の鳥」・・・アルミの上に凹凸をつくり着彩しました。どの技法が自分に必要か実験しながら製作しました。

 6年:
「自画像」・・・6年生になった自分の顔をよく見つめ木版画・水彩画に仕上げました。

「世界で一つだけの花」・・・空想上の花を考えステンシルの技法を用いて表現しました。

「幻の鳥」・・・木版画。裏彩色の技法を用い、自分で考えた空想上の鳥を表現しました。