フルタミチエ展「LINES」
CASO space D : 2001.03.27-2001.04.15

「線(line)についての考察。」

 線を引くと、描いた部分と描かれていない部分が生じます。
私は常に、その"関係"を見続けています。
 そして、自分の心の動きに従わなかった、微妙な"何か"
を、選び取ります。
 線の動きや色の関係が、自分の思いもよらなかった方向へ
動いてゆくときに、自分とそれらの関係が対等になったと
感じます。
 自分が支配しても、されてもダメなんです。
 "対等である"ことが 大事なんです。
                   フルタミチエ. 


プロフィール
1968 大阪生まれ
1992  京都市立芸術大学大学院 美術専攻科卒
■個展
1991 ONギャラリー(大阪)
1992 ギャラリーCOCO(京都)
1994 ONギャラリー(大阪)
1996 ABCギャラリー(大阪)
1998 ONギャラリー(大阪)  "スイート アイロニー"展
2000 STREETギャラリー(神戸)
■グループ展
1990 盲展 ギャラリー射手座(京都)
1992 New Face展 ギャラリービュウ(大阪)
1993 Art Kuche ギャラリー16(京都)
1995 絵画の方向'95 大阪府立現代美術センター
1996 アートナウ'96  兵庫県立近代美術館
1997 Three Bells ONギャラリー(大阪)