Mircea Roman
 2003年12月18日、大阪府常設展示室では大阪トリエンナーレ入選作品による秋季作品展示替えを行いました。タイトルは「日本人作家:版画と写真」です。ごゆっくりご覧ください。

(この展覧会は、2004年2月12日に終了いたしました。)

2003.12.18-2004.2.12
OSAKA PREFECTURE
CONTEMPORARY ART COLLECTION


大阪府インターネット美術館
http://www.osaka-art.jp


大阪府文化部
http://www.pref.osaka.jp/osaka-pref/bunka/art/


caso osaka-pref. room caso osaka-pref. room


2003年12月18日〜2004年2月12日
大阪トリエンナーレ・コレクションより
日本人作家:版画と写真

(作品入れ替えの場合あり)



英語版ページ

作品名 素材 作家名 制作年
[93V-0505Z]
93V-0505Z
写真、パネル
Photograph on panel
奥野 稔和
OKUNO, Toshikazu
日本
Japan
1993
[北風にのって]
Carried on the North Wind
リトグラフ
Lithograph
堀 由樹子
HORI, Yukiko
日本
Japan
1994
[風の描画 00-9]
Wind Drawing 00-9
写真、木、ペン
Photograph, wood, pen
ウエダ リクオ
UEDA, Rikuo
日本
Japan
2000
[対話(v)]
Dialogue V
木版
Woodcut
河内 成幸
KAWACHI, Seikou
日本
Japan
1991
[巣 #9704]
Nest #9704
エッチング
Etching
内田 智也
UCHIDA, Tomoya
日本
Japan
1996
[蘇生の刻 H3-3]
Revival Moment H3-3
木口木版
Wood-engraving
小林 敬生
KOBAYASHI, Keisei
日本
Japan
1991
[沈黙の旋律]
Strains of Silence
エッチング、アクアチント
Etching, Aquatint
池田 良二
IKEDA, Ryoji
日本
Japan
1992
[ファイル<煙草をくわえた男-T,U>]
The File of <A MAN with cigarette - I, II>
エッチング、アクアチント、ドライポイント、インキ、紙
Etching, aquatint, dry-point, ink, paper
大山 幸子
OHYAMA, Yukiko
日本
Japan
1995
[植物/破れ蓮]
Plants/Torn Lotus
ゼラチン・シルバー・プリント
Gelatin silver print
真月 洋子
MAZUKI, Yoko
日本
Japan
2000
[地上の雲]
Cloud on Ground

Wood
大平 実
OHIRA, Minoru
日本
Japan
2000
[傷だらけの魂]
Soul Covered with Bumps

トリエンナーレ1992
グランプリ
木、タール、紙
Wood, tar, paper
ミルチャ・ロマン
ROMAN, Mircea
ルーマニア
Rumania
1991
[ごきげんよう]
Have a Nice Day
カードボード
Cardboard
マイケ・フレース
FREESS, Maike
ドイツ
Germany
1996


大阪トリエンナーレの終了と
「大阪・アート・カレイドスコープ」開催のお知らせ



大阪府常設展示室について:

 CASOの当スペースにおきましては、大阪府が1990年より2001年度まで開催いたしました「国際現代造形コンクール:大阪トリエンナーレ」の受賞作品を中心に、大阪府が所蔵する現代美術・写真・デザインの作品の常設展示をいたしております。


「大阪府現代美術コレクション」
 大阪府では「大阪トリエンナーレ」受賞作品の他に、須田剋太、津高和一、三尾公三など関西を代表する作家の作品や、花博写真美術館等の写真、大阪府立現代美術センター・コレクションの版画など多くの作品を所蔵しています。「大阪府現代美術コレクション」(http://www.pref.osaka.jp/osaka-pref/bunka/art/)ではそれらの所蔵作品の一部をご覧いただけます。
 また、2002年1月21日より大阪府インターネット美術館(OSAKA e-Art Gallery)を開設し、インターネットを通じた情報提供を行っています。OSAKA e-Art Galleryは、所蔵作品の画像公開(一部は3D)、大阪トリエンナーレ2001会場ヴァーチャルツアー、所蔵作品貸出受付などのメニューからなります。多くの方々が大阪府所蔵美術作品に関心を持ち、展覧会などに参加していただくきっかけとなることが目的です。また、展覧会の企画、公共スペースの活用などに大阪府所蔵作品をご活用いただくことも目的の一つです。


その他の常設展示スペースのご紹介
大阪府の所蔵作品は以下の場所でもご覧いただけます。

 「大阪府りんくう現代美術空間」(Rinku Contemporary Art Space/略称ルーカス)
 大阪府泉佐野市りんくう往来北1-7りんくうタウン駅(南海本線空港急行またはJR阪和線関空快速)下車、徒歩2分(ワシントンホテル内2階)
 開館:11時から18時(火・水・最終木曜日は休館)

 「大阪モノレール美術館」 (大阪モノレール
 「大阪空港」駅と「門真市」駅および「万博記念公園」駅と「阪大病院前」駅を結ぶ大阪モノレールの16の各駅に、大阪府所蔵の彫刻作品を展示しています。

 「おかまち・あーとらんど
 大阪府豊中市の岡町・桜塚商店街に、2001年12月にアートスペースが開設されました。商店街の空間や通りを、アートとショッピングが出会う空間にしようと、岡町・桜塚商業団体連合会と大阪府、豊中市が準備してきたスペースです。
 大阪トリエンナーレ・コレクションの展示のほか、大阪府所蔵の須田剋太らの作品の企画展示も行います。
 (阪急宝塚線岡町駅下車、東へ商店街を徒歩数分、桜塚ショッピングセンター2階 木曜日休館)


その他、そねちか美術展示(大阪市北区・曽根崎地下歩道内、JR東西線北新地駅隣接)、大阪府内の市民会館やコンベンション施設など、公的施設などで大阪府の現代美術コレクションをご覧になれます。




「大阪トリエンナーレ」の終了のお知らせ (2003年4月)
 「大阪トリエンナーレ」は大阪の魅力を国内外にアピールするため、平成2年度(1990年)より平成10年度(1998年)までは「絵画」・「版画」・「彫刻」の3部門について毎年交互に開催し、平成13年度(2001年)の第10回には現代美術のすべての分野を対象として開催いたしました国際公募展です。このコンクールは、第10回を最後に終了させていただくことになりました。これまでの皆様のご協力、ご支援に深く感謝いたします。


「大阪・アート・カレイドスコープ」開催のお知らせ (2003年4月)
 大阪府(大阪府立現代美術センター)では、大阪トリエンナーレの後に続く新企画として、「大阪・アート・カレイドスコープ」を2004年の3月ごろに開催する予定です。
 新たな大阪のイメージを作り出すため、『大阪のいまの姿』をキーポイントに、現代社会におけるさまざまな問題についての「テーマ」を設定し、テーマに応じて国内外から複数の美術作家を招待する現代美術展覧会を毎年開催、継続的に美術の情報発信を行います。また、シンポジウムやセミナーも合わせて開催する予定としており、21世紀にふさわしい大阪のブランドとなるようなイベントを目指します。
 なお、会場はCASOおよび大阪府立現代美術センターを予定しています。










このホームページの内容、各展示スペースのお問い合わせは下記までお願いいたします。
大阪府生活文化部文化課(大阪市中央区大手前)
電話:06-6944-6020 bunka@office.pref.osaka.jp






 

▲back