[2月21日、8月19日] エリック・フロレス・ベルトラン
"21 February/19 August" BELTRAN, Erick Flores


 2005年1月19日、大阪府常設展示室では大阪トリエンナーレ受賞作を中心とした作品による冬季作品展示替えを行いました。ごゆっくりご覧ください。
 なお、これがCASOにおける常設展の最後となります。


2005.01.19−2005.02.27
OSAKA PREFECTURE
CONTEMPORARY ART COLLECTION


大阪府インターネット美術館
http://www.osaka-art.jp


大阪府文化部
http://www.pref.osaka.jp/osaka-pref/bunka/art/




2005年1月19日〜2月
大阪トリエンナーレ・コレクションより
(作品入れ替えの場合あり)




英語版ページ

作品名 Title
大阪トリエンナーレでの受賞
Award winning
in Osaka Triennale
素材
Material
作家名
Artist, country of residence
制作年
Year
[木XI]
Trees XI


1994 銀賞 Silver Prize
リノカット
Lino-cut
ソフィエ・ダニエラ・クンペラ
KUMPERA, Sophie Daniela
ポーランド
Poland
1992
[関係-8913]
Relation 8913


1990 銅賞 Bronze Prize
転写、彩色、韓国紙
rubbed copy and orient color
on korean paper
ハン・ヨンサップ
HAN, Young Sup
韓国
Korea
1989
[2月21日、8月19日]
21 February/19 August


1997 銀賞 Silver Prize
アクリル板とインクによるモノタイプ、紙
monotype by ink worked over
acrylic board, paper
エリック・フロレス・ベルトラン
BELTRAN, Erick Flores
メキシコ
Mexico
1996
[3千の小さな覚え書]
Three Thousand Small Notes

1997 銅賞 Bronze Prize
エングレービング、紙
engraving, paper
イネス・ウェインホルスト
WIJNHORST, Inez
オランダ
Netherlands
1997
[群れ#02]
Crowd #02

1997 入選 Prized
モノタイプ、ゴム版、スタンプ、
コラージュ、パネルにドローイング
monotype, rubber plate, stamp,
collage, drawing on panel
井上信太
INOUE, Shinta
日本
Japan
1996
[道端の木々]
Roadside Trees

1997 銅賞 Bronze Prize
リトグラフ
lithograph
チョン・ファンソン(鄭桓善)
JUNG, Hwan-Sun
韓国
Korea
1997
[石の秘密]
The Secret of Stone

1994 入選 Prized
エングレービング、リノリウム
linoengraving,
ゾラン・トミスラヴ・トドヴィッチ
TODOVIC, Zoran Tomislav
ユーゴスラビア
Yugoslavia
1993
[トランペット吹き]
Trumpeters

1996 入選 Prized
油彩、キャンバス
oil, canvas
ベドジッフ・グラゼル
GLASER, Bedrich
チェコ
Czech
1996
[ごきげんよう]
Have a nice day

1998 銅賞 Bronze Prize
カードボード
cardboard
マイケ・フレース
FREESS, Maike
ドイツ
Germany
1996



大阪府常設展示室について:

 CASOの当スペースにおきましては、大阪府が1990年より2001年度まで開催いたしました「国際現代造形コンクール:大阪トリエンナーレ」の受賞作品を中心に、大阪府が所蔵する現代美術・写真・デザインの作品の常設展示をいたしております。
 なお、2005年3月を以って、CASOにおける常設展示は終了いたします。
 今後は、大阪府現代美術コレクションは下記のRCAS、大阪モノレール美術館など府内各スペースのほか、大阪府庁舎に新設されるスペースでもご覧になることが出来ます



「大阪府現代美術コレクション」
 大阪府では「大阪トリエンナーレ」受賞作品の他に、須田剋太、津高和一、三尾公三など関西を代表する作家の作品や、花博写真美術館等の写真、大阪府立現代美術センター・コレクションの版画など多くの作品を所蔵しています。「大阪府現代美術コレクション」(http://www.pref.osaka.jp/osaka-pref/bunka/art/)ではそれらの所蔵作品の一部をご覧いただけます。
 また、2002年1月21日より大阪府インターネット美術館(OSAKA e-Art Gallery)を開設し、インターネットを通じた情報提供を行っています。OSAKA e-Art Galleryは、所蔵作品の画像公開(一部は3D)、大阪トリエンナーレ2001会場ヴァーチャルツアー、所蔵作品貸出受付などのメニューからなります。多くの方々が大阪府所蔵美術作品に関心を持ち、展覧会などに参加していただくきっかけとなることが目的です。また、展覧会の企画、公共スペースの活用などに大阪府所蔵作品をご活用いただくことも目的の一つです。


その他の常設展示スペースのご紹介
大阪府の所蔵作品は以下の場所でもご覧いただけます。

 「大阪府庁本館ギャラリー」 (名称未定)
 大阪府庁本館・吹き抜けロビーおよび2、3階廊下など。2005年5月以降オープンを予定。

 「大阪府りんくう現代美術空間」(Rinku Contemporary Art Space/略称RCAS(ルーカス))
 大阪府泉佐野市りんくう往来北1-7りんくうタウン駅(南海本線空港急行またはJR阪和線関空快速)下車、徒歩2分(ワシントンホテル内2階)
 開館:11時から18時(火・水・最終木曜日は休館)

 「大阪モノレール美術館」 (大阪モノレール
 「大阪空港」駅と「門真市」駅および「万博記念公園」駅と「阪大病院前」駅を結ぶ大阪モノレールの16の各駅に、大阪府所蔵の彫刻作品を展示しています。

 「おかまち・あーとらんど
 大阪府豊中市の岡町・桜塚商店街に、2001年12月にアートスペースが開設されました。商店街の空間や通りを、アートとショッピングが出会う空間にしようと、岡町・桜塚商業団体連合会と大阪府、豊中市が準備してきたスペースです。
 大阪トリエンナーレ・コレクションの展示のほか、大阪府所蔵の須田剋太らの作品の企画展示も行います。
 (阪急宝塚線岡町駅下車、東へ商店街を徒歩数分、桜塚ショッピングセンター2階 木曜日休館)


その他、そねちか美術展示(大阪市北区・曽根崎地下歩道内、JR東西線北新地駅隣接)、大阪府内の市民会館やコンベンション施設など、公的施設などで大阪府の現代美術コレクションをご覧になれます。







このホームページの内容、各展示スペースのお問い合わせは下記までお願いいたします。
大阪府生活文化部文化課(大阪市中央区大手前)
電話:06-6944-6020 bunka@office.pref.osaka.jp






 

▲back