PHITEN YUKO SYSTEM
クイックリペア
ナチュラルストレート

クイックリペアストレートパーマ/パーマ伸ばし
対象 ゆるい癖、中間から毛先の癖、ダメージ毛に対応(極端なダメージの場合不可)
リペアのあの感触をストレートパーマで体験できる。

※根元のクセ・強縮毛の矯正をご希望の方はリペアをお勧めします。
薬剤等はリペアの薬剤使用、でもアイロンプレスを簡単にした技術
リペアは根元の新生毛を伸ばし、毛先までも伸ばす技術です。
クイックリペアは根元は伸ばしません。
リペアで一番時間のかかるのがアイロンのプレスです。根元ぎりぎりをお客様に熱い思いをさせないで高温のアイロンをかける技術は大変神経を使い時間のかかる作業でした。このアイロンプレスを簡素化した技術

クイックリペアはパーマ伸ばし、ゆるい癖、チョビ毛伸ばしに最適。
※チョビ毛:毛先の遊び毛、髪の中間部に遊ぶ髪
料金 レギュラー(肩にあたらない)  :10000円(税別)
ロング(肩甲骨まで )        :12000円(税別)
超ロングはロング料金+2000円(税別)カットなし、仕上げまでの料金(カット2385円(税別)加算)

※アイロンプレスを簡素化したメニューです、長く多いと、より簡素化するため、地肌付近はより伸びません。
 アイロンプレス時間の目安は15分です。20分以内厳守。
 ちなみにリペアはアイロンプレスは60分以上かかります。
※クイックリペア後、リペアのリタッチ割引は適用できません。
 クイックリペアとリペアは別個のものとお考えください。
・・・超ロングの場合非常に15分では難しく、過去にお客様ございません・・・・
このクイックリペアはどちらかと言うと毛量が少なく、根元がまっすぐになってしまうと髪が少なく見えてしまうという方に好評です。
時間 1時間30分

左:クイックリペアのアイロンプレス方法 右:縮毛矯正リペア(リペアゴールド)の
アイロンプレス方法
根元付近はプレスしません。
根元付近をこのスライス幅でプレスすると
アイロンプレートの上板と下板によるひびき
が髪につきます。
薄く根元近くからプレスしています。
薄く根元から、地肌近くから伸ばすという・・・
髪が湿っていると蒸気が吹き出ます。
とても神経を使う技術です。
クイックリペアはストレートパーマです。でもリペアを開発したファイテン社の薬剤を使います。
リペアと同じ工程ですが、このプレス工程を簡素化することで低料金化いたしました。
根元3センチぐらいの癖が気にならない程度の癖の方、パーマを伸ばしたい方、ゆるい癖を伸ばした
い方、まっすぐになりすぎるのはいやだと言う方、クイックリペアいかがですか?

リペアはナチュラルストレートです。
ある日新規のお客様が・・・・
いつものお店の縮毛矯正はよく延びるのだが・・・・
見せていただくと・・・髪の毛じゃない・・・・・まっすぐすぎる・・・感触も髪の毛じゃない・・・・
一時期のM・ハ×××は髪の弾力をなくし、まっすぐに樹脂コーティングすることでストレートを表現・・・・
このお客様の髪はM・ハ×××の感触ではないが・・・不思議な感触です。
いまだにこのような矯正があるのですね?

リペアは素材そのまま・・・ナチュラルストレートです。
髪の弾力を残し、温かみのあるやわらかさ、感触です。
自然な丸さは残ります。

@は根元から毛先まで同じダメージ度合い ダメージ0とします。
Aは真ん中ぐらいから毛先にかけて軽微なダメージ ダメージ1とします。
Bは長さの1/3に軽微なダメージ1/3にややダメージ ダメージ2とします。
Cは長さの1/4に軽微なダメージ1/4にややダメー1/4に強いダメージ ダメージ3とします。
施術後
Aは@の髪に問題なく縮毛矯正可能。ごく簡単な施術です。 ダメージ0なら自然なふんわり感が期待できます。
BはAの髪に問題なく縮毛矯正可能。通常よくしている難易度です。 ダメージ1部分はダメージ0部分に比べしっかりまっすぐ
CはBの髪に難易度1の縮毛矯正可能
ダメージ部を保護せずに施術した場合の予想
ダメージ0部分は自然なふんわり感、ダメージ1部分は
よりまっすぐ、ダメージ2部分に少しダメージが出ること
があります。
DはCの髪に、地肌付近(ダメージ0部分)重点に縮毛矯正
ダメージ部を保護せずに施術した場合の予想、毛先はチリチリになります。
この部分をビビリといいます。
このような結果は必ず避けなければなりません・・最悪です。
当店ではこのような場合は通常根元のみの施術をします難易度3
根元と毛先のダメージ度合いが違うのに、同じ施術方
法、しかも根元重点にをすると当然ながらダメージ部分
には更なるダメージが出る可能性があります。
当店では延ばすことより髪の健康を考え、回数施術するごとに髪はよくなる、健康第1に施術しています。
Cのようなダメージ度合いの差がありなおかつ全体に縮毛矯正する場合、ダメージ度合いによって保護剤を使用したり、
弱い薬剤を使ったり、時間差施術等、特殊な処置をします。
でも・・・ダメージって一見してわからないものもあります。
思った以上にダメージがあると・・・・傷みます、思ったほどダメージがなければ・・・延びません。

他店で矯正されていて縮毛矯正の効果が見受けられるとき、その部分には施術しません・・・・・
他店の矯正術には人工的なキューティクルや、感触改善剤処置されているかもしれません。
当店の縮毛矯正によりこれらの改善処置剤が取れてしまうかもしないのです。

オリーヴの縮毛矯正リペアは
ナチュラルストレートです。

初めて施術する部分は弾力のあるふんわり感のある伸び、2度施術部は※しっかりストレート
※2度施術部分とは・・・・髪って1本1本成長度合いが違います、100本の髪がいっせいに同じ長さには伸びないのです。
2度施術部とは、この伸びにムラがある部分に少し弱い処置をする。
本来継続的にご来店いただいているお客様は1度のリペアでふんわナチュラルなかかり方で満足いただいています。
お人形さんみたいな不自然なストレート・・・・オリーヴではやっていません。

安売り店について
地肌から延ばせるか????

縮毛矯正が8000円とか・・・・お客様にもよく聞かれます[もっと安くならないのか???」って・・・・・
オリーヴは上記のようなポリシーで施術しています。また

この図のようなアイロンの施術をしています。
通常は2のように地肌(根元)から10ミリ・・アイロン本体は地肌から約6ミリという計算になります。
この場合髪の毛のスライス幅は6ミリから8ミリ、このスライスで全頭アイロン施術するには二人の技術者で約1時間。
1はクイックリペアです。地肌から30ミリはアイロン施術しません。当然癖は延びませんが、折れ毛や切れ毛の心配がなく
地肌の弱い方にも施術可能です。
アイロン施術時間はスライス幅が約30ミリになることから1に比べ1/3程度20分程度で完了します。
お安い縮毛矯正はリペアブランドの薬剤は使っていないだろうしまた、このようにアイロンも手早くされるようです。

・・・実際・・・
2のアイロン施術でも二人で一生懸命作業して1時間前後・・結構神経使います。
1日に3人するとぐったりというほど疲れます。
2のような方法では当店ではお安く出来ません。(今の料金形態が最安と考えています)

地肌から薬剤塗布して地肌から延ばしてーーーっていうお客様もいらっしゃいますが、薬剤は塗布できてもアイロンは、
やけどの可能性から、安全に作られています、3のように地肌から4ミリ程度はアイロンはかけれません。
また3のようなアイロン施術は究極の作業、お客様の全頭施術は不可能です・・・疲れ倒れてしまいます。
時間にすると2に比べ3倍近くの時間が必要です。
フロント部分とかなら割増料金5000円で(全頭の30%以下の面積限定)させていただいています。
でも、必ず折れ毛、切れ毛の可能性はあります、地肌に薬剤塗布するのでかぶれの可能性もあります。
やけどの可能性もあります。これらのリスクと5000円の割り増しで、その差は6ミリ(2の場合地肌から10ミリ、3の場
合は地肌から4ミリから伸ばせます)です。お勧めはしません。


トップ アイコン

トップへ