バイク,大型2種,バス免許,ユウコシステム

大型バイク、バイクツーリング、バス免許、大型免許、2種免許、カーナビバイク、ホンダCB1300、ヤマハXJR1300など、趣味のページ、縮毛矯正リペアとブリーチを得意とする大阪市西区九条のオリーヴ美容室。

縮毛矯正リペアならこっちのページへトップ アイコン最近、特許とか実用新案とか・・・興味が出てきて・・・取れましたトップ アイコン

趣味のページ

昨今はスマホなどの普及により多くの方が趣味のページを持たれ、私の趣味のページなど興味を持ってご覧いただく方がどれほどいらっしゃるかわかりませんが、わたくし自身の備忘録、日記と思い、このページを更新し続けていく所存です。

ご趣味は??って聞かれて・・・・・バイク・・・・免許収得・・・・パソコン・・・・これだけありゃ十分だよね。最近では英会話…ネイティブイングリッシュ(平成29年9月)
でも、最も大切。仕事です。特許とか実用新案とかに興味もあり、チャレンジしました。

バイク、ずーーーと原付、しかもバーディ50という、おっちゃんバイクに乗ってました、38歳の時ふと「このまま一生原付しか乗れなくていいのか?。」と思い、まずは中型限定(400ccまでの限定免許)を取り、せっかくバイクに乗るんだったらと、限定解除、最初は中型に乗れれば大型なんて簡単と思いきや、とんでもない、11回目もかかちゃいました。でも、バイクはあくまで趣味、趣味にお金はかけれません、我慢し3年間中型に乗り、やっと中古ではあるが、カワサキGPZ1100、1年間乗り、今度は新車ホンダCB1300、大きなバイクはいいですよ、車も3ナンバーに乗りたいですよね、バイクもそうです、大きなバイクでゆっくりと・・・気持ちいいですよ。平成13年6月に今度はヤマハXJR1300に乗り換える。

そんなこんなで、門真や光明池試験場(自動車試験場)が自分の庭みたいに感じまた、バイクにまたがり河内長野の山(光明池試験場近く、大阪府の奈良県寄り)に行くついでに、大型1種免許取り、こうなれば免許証の種類欄埋めてしまいたくなりました。次は、バス、大型2種です。みなさん難しく思われますが、結構簡単、4回目にとおちゃいました。でもね、不景気な折り、普通2種(タクシー免許)取りにくる、ひからびたお父さんがたしりめに、私なんぞ趣味でバス免許を・・・ちょっと、場違いな感じもしたのですが、やはり類は類を呼ぶ、私の周りには同じように趣味でバス免許、トラック免許をとる方が集まり・・・・。次はクレーン免許でも取ろうかな?

そして仕事、やはり不景気です、昔は店あけてればお客様はありました、今はいろいろ研究し、独自の技術を開発しないとお客様は来ていただけない。今までの売り上げに満足していたのではこれから先、必ずじり貧になります。勉強し始めると勉強しなきゃならないことがいくらでもわいてくるのですね。特に、インターネットでいろんな情報が入り、お客様の方が業界内部のことや、薬剤のこと知ってる時代です。
このホームページの2ページに載せてる私の後ろ姿と正面、平成11年の正月から5月ぐらいまでにしたブリーチです。今は黒く染めちゃったけど、いろんな研究できました。
最後に、ブリーチのこと教えてくださった司美容院様(山梨県)ありがとうございました。
ありがとうございました。これからもよろしく

そんなこんなで今、私でもHPを開くことができました。長い文章、お読みいただきありがとうございました。

白髪じゃないよ、ホワブリの実験のしすぎ、この後ピンク、バイオレット、ブルーそしていまは

若くなったでしょ。やはり年とってからホワブリはやめた方がいいよ・・・。実感
この後XJR1300に乗り換える・・・・私の感覚だがCBはベンツ、XJRはBMWの感覚って言えばわかるかな?。
なんとなくXJRのほうが軽く取り回しが楽・・・。ベンツのようなCBも好きだったけど・・・。


平成13年8月10日の私
バイクはヤマハXJR1300
頭はブロンド・・・髪色の更新はこっちのページにしてます。

そして平成25年2月にはカブ110を購入

平成25年3月
小さなバイクを買い足し・・・
小さなバイクでとことことツーリングします。

趣味:ツーリング・・・一人でぶらり、気まま旅ここからはツーリング(寒い時期&暑い時期は車でのドライブも)の度に更新します。
結構読んでいただき、バイクや温泉を趣味とするお客様が増えてきました。ツーリング情報や温泉情報あればぜひお聞かせください。

過去の写真のうち、どうしても残しておきたい写真集
たまに見てくださいね。
もし文字化けするとき・・・・表示>エンコード>日本語自動選択をクリックすると日本語表示されます。

那智勝浦おくとろキャンプツーリング
平成27年11月16・17日(第2月・火曜日)
ルート:
往路:国309・国169号・国309号・国42・国311・国42・地43・国42・地35・地40・国169・おくとろキャンプ場
復路:おくとろキャンプ場・国169・国309・国169・国165・柏原IC・本田IC
総走行距離:443.5キロ
給油状況&燃費:3/4タンで出発し、往路堺市美原で超満タン5.4L給油76.7km時632円、帰路山中ぶらぶらすること考え、高いが新宮で11.65L満タンにする222.6km時1678円
おくとろキャンプ場:入場料540円バイク駐車料540円、おくとろ温泉入浴券432円
食材:イオン新宮店・2456円


・・この歳になってなんでキャンプ??バイク・・・
それは気ままに、キャンプ場があれば泊まれる、そして、到着時間、出発時間は気の向いたとき、夜間に星空が見える。
それなりの装備を持てば寒くない(冬山登山経験があり、装備は十分)など、とにかく普段仕事で分刻みの生活(パーマ放置時間15分、カラー放置時間20分など・・・)からの反発。
そしてなんでバイク??それは天井がない、目を向けた方向がじかに見える、景色のいいところがあれば少しのスペースに停車可能、方向転換も気軽、そして何より1300ccの余裕あるエンジンパワーは乗ったものにしかわからない素晴らしいものがあります。

連休で、火曜日は下り坂とはいえ、夜になってからの雨予報であったため、毎年この時期に行っているおくとろ温泉に向け出発。
暖かく、穏やかで気持ちよく走り、趣味の簡易郵便局めぐりと日本の道100選石碑捜しの為那智勝浦に、那智大社めぐりは駐車場から小一時間とのこと、断念し、キャンプ場でゆっくりすることにする。新宮で食材調達し、翌日は371号線の未整備林道探索予定のため満タンにし、キャンプ場到着は15時半、16時ごろからバーベキューしはじめ、18時にはすっかりいい気分、温泉に入り夜食の焼きおにぎりためながら、天気予報を見ると、雨予報が早くなっている。
往路で落ち葉枯れ枝、山水などで走りにくかった、さて371号未整備区間をどうするか、迷った、あきらめ、日本の道100選橿原神宮公苑線を巡ることにし、帰路に就く、朝は朝ぐもり(キャンプ場はダム湖の横で、霧多発)と思ったが、どうやら雨雲が空を覆い始めた。予報では昼からとのことで、簡易郵便局を数カ所巡り、橿原神宮到着が11時半、ぽつりぽつり雨が降り出し、急きょ柏原から高速に乗っかる。大阪府との県境ぐらいから土砂降り。阪神高速では一時前が見えないほどの雨、帰宅は13時半
今回は雨で散々、でも防寒具の撥水作用はまだ効いていて、一部インナーが濡れた程度で帰宅できましたが・・・これが寒い時期なら風邪ひくだろうね??


酷道371号探訪おくとろキャンプカブツーリング
平成28年03月21・22日(第3月火曜日)
ルート:
往路:国26・国310・国371・国480・国371・龍神スカイライン・国371・酷371探訪・国311・地219・国371・地735・酷371探訪・国371・国42・地62・国311・地40・国169
復路:国169・地40・地765・地780・国168・地44・地45・地43・国371・地37・国311・国42・地29・国425・国424・地63・国26
総走行距離:701.2キロ
給油状況&燃費: 満タン出発、酷道371号(龍神)を難なく通行後、中辺路町栗栖川で3.03L57.06km/L357円・半タンクでキャンプ場向け1.99L58.85km/L、243円、レッドライン左1針時に4.21L57.74km/L497円帰宅直前北津守3.22L51.49km/L345円総計12.45L1442円平均燃費56.32km/L
先週に引き続き今週もカブに乗る。
天気予報では晴れで、暖かとのことだけど寒い、高野山から旧道371号を南下、龍神スカイラインに入る。さらに南下し、酷道371探訪、ここはすんなり通行できた。国道311に出たところで、さらなる酷道371(古座川)を目指すためガソリンスタンドをさがす、道の駅熊野古道中辺路方向の予定だったが、スマホで探すと反対方向を指示、給油時に食堂を訪ねると「清姫の墓」近くにボリュームのある定食屋があるとのことで、向かう、「清姫茶屋」発見、「生姜焼き定食」デザートまでついて、ご飯お替り自由で800円大満足。東に走行し、第2の目的酷道371古座川町を目指すここは落石多く滑るし、道もひび割れ段差があり、ガツンガツンと言うショックあり、XJRではよほど注意しないと走れない。キャンプ場おくとろ温泉に向け、食材とガソリン給油の為那智勝浦から新宮を目指す。イオン新宮店で食材調達しキャンプ場到着19時ごろ先に風呂に入り、テント設営20時ごろ。寒い、ファンヒーター強点けっぱなしでも寒い、早朝7時ごろに出発し、簡易郵便局めぐりの為地方道765を南下夕日の丘明倫で仮眠1時間ほどここは桜の古木がいっぱい。桜の咲く時期に来てみたい、さらに南下し宝泉岳でカップ麺食い、さらに南下し、小河局、国道371北上し佐田局でガソリンスタンド尋ねるがない、携行缶持参しているので、次の平井局めぐり、平井局近くの「古座川ゆず平井の里」でハンバーグ定食650円ポン酢580円で購入、酷道371走破、やはり落石と段差でリムを傷めた模様、下鮎川局と市ノ瀬局を巡った時点で16時、簡易局めぐりをあきらめ帰路に集中国道42号ナビは指示するが少し走行するだけで混雑とトラックの多さから龍神スカイランを選択、進むうちに龍神スカイライン2輪車通行止め(往路には通ったが・・)よく見ると冬季規制、らしいスマホで「龍神スカイライン冬季規制」で検索すると、12月15日から3月25日まで2輪は終日全面通行止めとのこと、4輪でも夜間17時から7時まで通行止めらしい。急遽424号で帰宅を選択、ところどころ整備され速度は出るが、ところどころ旧道の峠道あり、しかしながら国道42号よりは快適に走行でき、泉南に出て酷道26号で帰宅21時30分(国道311古座川市ノ瀬局で16時ちょうどであったので4時間半で田辺付近に到着可能)

ライダーハウス良流来ツーリング
平成28年04月11・12日(第2月火曜日)
ルート:
往路:国26・国481・地62・国24・国42・地21・地26
復路:地26・国424・地198・地216(酷道)・地29・国42・地29・地30・国425・地28・地27・地193・地26ライダーハウス良流来で昼食・地21・国42・有田IC・阪南IC・国26
総走行距離:477.7キロ
給油状況&燃費: 3/4満タン出発、和歌山はガソリンが高いので泉佐野で超満タンに6.83L744円・帰路有田IC入る前に満タン19.19?2034円給油・平均燃費16.81km/L
費用:ライダーハウス良流来1泊2食3000円、昼食お任せどんぶり500円
   有田ICから阪南IC高速代950円
交通安全週間(4月6日から16日まで)はバイクには乗らないと決めていたが、天気がよさそう、来週なら交通安全週間から外れるので迷ったが、今回は距離走る予定はないのでゆっくり走ることにし6時出発、当初岸和田市、貝塚市の簡易郵便局めぐりする予定でゆっくり走行するが開店時間の9時にはまだまだ、結局泉佐野市の簡易郵便局を巡る。和歌山市、海南市、広川町、日高町、日高川町、御坊市の簡易局を巡りライダーハウス良流来のオーナーに教えてもらった滝谷温泉ホタルの湯で2時間ほどゆっくり、ライダーハウス良流来到着は18時、本日の宿泊客は他におらず、オーナーと少し飲みながら食事。椿山ダムのつり橋のヤッホーポイント、田辺市の天神崎灯台などの情報をいただき、翌日のナビ設定。翌朝は7時過ぎに出発、ヤッホーポイントめぐり、南下、地歩道198は快適だが216の分岐で軽自動車以下しか通行不可の看板、バイクだから大丈夫を進んだが・・これはひどい酷道道はえぐれ、路肩崩落落ち葉が堆積(10センチほどたまってるのではと思うほど)し、その堆積落ち葉の中にこぶし大の石がごろごり、枝がごろごろ、何度か、あきらめ引き返そうかと考えるほど、方向転換する場所もなく進む、何度もバランスを失い転倒しかけるが、そのあとの景色はよかった。長野簡易郵便局に何とかたどり着き、田辺市の簡易局めぐり、天神埼灯台見学、日高川町巡り、昼飯は国道沿いにはファミレスもあるが、簡易局めぐりするような道にはお店はなく、良流来に電話すると、快く迎えてくれるとのこと、13時半に良流来到着、お任せどんぶり500円で頂き、帰路に就くがガソリンがない安いガソリンスタンドの情報をもらい、有田から阪南まで高速利用し、帰宅は17時ごろ

ちょっとそばを春来てっぺんツーリング
平成28年05月2日(第1月曜日)(ゴールデンウイークさなかの平日)
ルート:
往路:国43・地13・地12・国372・国176・北近畿豊岡自動車道・国427・国9・地561
復路:地561・国9・地714・地6・地279・地70・国312・地8・国427・地139・国175・官兵衛の湯・地556・地311・国176・地82・国43
総走行距離:359キロ
給油状況&燃費: 3/4タン出発、帰宅時半タンク平均燃費11.85km/L
費用:春来てっぺん大盛そばセット1450円
天気が良いのにおとなしくしてれない・・・そば食べに行こうと6時出発、ぶらりぶらり気のむくままにゆっくり走行、通常11時開店だけど10時49分開いていた、のんびり日向ぼっこしながら・・・次は西脇市の官兵衛の湯に向かう、ここでもゆっくり温泉につかり、帰宅は18時ごろ。
のんびりぶらぶらしました。

久しぶりのツーリング「春来てっぺん」
平成28年10月18日(第3月火曜日連休中の火曜日)
ルート:
往路:国43・地13・地12・国372・国176・地77・国176・北近畿豊岡自動車道氷上〜青垣・国427・国429・黒川温泉多々良木田無線・国312・地70・地6・地714・国9・地561
復路:地561・国9・国427・北近畿豊岡自動車道青垣〜氷上・国176・地77・国372・地12・地13・国43
総走行距離:382キロ
給油状況&燃費: 満タン出発、帰路氷上JQuest給油、帰宅時3/4タンク平均燃費17.85km/L
費用:春来てっぺん・そばセット1290円(注文は大盛セットとしたが、来たのはそばセットだった)
主だったツーリングとしては前回に続き、同じ春来てっぺんへのツーリング、連休だけど月曜日は雨予報の為、火曜日の日帰りツーリング。
朝6時16分出発、黒川温泉、黒川ダム、多々良木ダムにより、ミズバショウ公園で1時間ほどお昼寝し、春来てっぺん到着は12時47分、大盛そばセットと注文したはずが、来たのはそばセット(大盛りか、普通盛りか、並べてみないとわからないが、ネットで検索するとなるほど私が撮った写真は普通盛り、そばセットだった模様。前回天ぷらはパリパリではなく、素人料理的に感じたが今日の天ぷらぱりぱり、うまい。前回春来てっぺんに来たときは、6時出発でてっぺん着は10時49分、そば食べてから官兵衛の湯に行っても帰宅は18時であったのに、今日はてっぺん到着が2時間も遅れ、お風呂にも入らずに帰宅することとする。帰宅は17時40分。


前回の大盛セットは

そばの量が違う・・・160円差なら大盛りの方がよいかな?

今季初ツーリング「春来てっぺん」
平成29年3月21日(第3月火曜日連休中の月曜日)
ルート:
往路:国43・地13・地12・国372・地77・地306・国176・国483北近畿豊岡自動車道氷上〜青垣・国427・国9・地527・地136・地6・地48・地714・国9・地561
復路:地561・国9・地714・地48・地6・国483北近畿豊岡自動車道養父〜山東・国427・国483北近畿豊岡自動車道青垣〜氷上・地306・国372・地12・地13・国43

総走行距離:364.7キロ
給油状況&燃費: 1/3タン出発、往路篠山JQuest給油、往路篠山JQuest給油、帰宅時3/4タンク平均燃費13.73km/L(今期初ツーリング・冬季間は2週間に1度程度エンジン起動の為)
費用:春来てっぺん・そばセット1290円
連休だけど火曜日は雨予報の為、月曜日のみの日帰りツーリング
朝4時52分出発、チェーン交換10月22日61910Km時、オイル交換3月13日チェーン交換から1000Kmも走っていない、オイル交換直後、また祝日で交通取り締まりも予想し、ゆっくり走る。道の駅猪名川で休憩、寒い、バイク装着気温計では2度、これから山中に入ってゆくのに凍結はないだろうか?しばらく晴天であったため道路上に水たまりはないであろうと考えたが、猪名川と並行して走行する箇所は霧が立ちこめ、ヘルメットスクリーンに水滴がつく、気温は2度のまま、凍結の心配しながらゆっくり、国道372に出たとき、朝日をバックミラーに、背中にうっすら太陽のぬくもりを感じ西に走行、いつものコース、ミズバショウ公園で休憩すべく地方道527〜136へ、養父ICを発見、地図で北近畿豊岡自動車道の無料区間が開通していることを確認、帰路にこの養父から遠阪トンネルの有料区間手前の山東ICまで利用してみよう、ミズバショウ公園付近は道路端に30センチほどの積雪があるが暖かい、ぽかぽか。
ミズバショウ公園到着10時前。昼寝スポットにはバイク停車位置から5mほど雪に足が埋まりながらたどりつき、30分少々昼寝、春来てっぺん到着は11時少し前、開店は10時からとのこと、帰路は往路と同じコース、ただし養父IC〜山東ICまでを初めて走行し帰宅は17時半
祝日なので観光地付近とショッピングモール付近は混む、平日とは違った混みようであった。


わたらせ温泉ツーリング
平成29年04月03日(月曜日)
ルート:
往路:国43・国25・国309・地20・国168
復路:国311・地198・国425・国424・地10・地63・国26・地34
総走行距離:355キロ
給油状況&燃費: 3/4タン出発、まだ十分あったが奈良、和歌山は高いのでいつもの国309美原町で給油7.14?879円帰路予備タンつなぎ間もなく16.87?2176円平均燃費17.05km/L
費用:わたらせ温泉食堂でカレー650円・わたらせ温泉JAF割引600円
もう一つ趣味の簡易郵便局めぐりの大淀町の郵便局の開店時間の調整の為6時33分出発、予定通り9時過ぎに予定の簡易局到着、ここからは桜を見ながらゆっくり走行、五条あたりから十津川あたりまでパトカーと並走1時間ぐらい、スピード出せなくやきもき、道の駅十津川でトイレ休憩したら、やはりパトカーの一団に追いつく、でもこの先は和歌山県、知らぬ間にパトカーは消えていた。
今年はやはり桜は遅い模様、梅の花があちこち、でも今日の温かさで一気に咲くのでは?
点在する桜は3分から5分咲き、でもわたらせ温泉近くでは満開近い桜もあり、例年この時期に訪れるわたらせ温泉駐車場の桜も満開近い模様、わたらせ温泉で昼食し温泉で1時間ほどゆっくりくつろぐ。
わたらせ温泉到着間に道路標示で龍神スカイライン積雪のためタイヤチェーン携行、2輪車通行止めとの表示があり、帰路はいつものコースにする、いつもなら満開の澤地区の桜もまだ数輪しか開花していない。
まあ、日差しを浴びながら快適なツーリングでした、帰宅は18時過ぎ

淡路島カブ吹上浜キャンプツーリング
平成29年05月08日09日(第2月火曜日)
ルート:
往路:国43・国22・地42・国176・地82・地17・地75・地23・国175・国2・ジェノバライン・地31・地126・地535・国28・地31・地76・地25・吹上浜キャンプ場
復路:地25・地76・国28・地31・国28・ジェノバライン・国2・国43
総走行距離:304.7キロ
給油状況&燃費: 満タン出発(出発時に給油)2.98L378円南あわじ市キャンプ場近くで2.98L396enn給油。帰宅時半タンク・燃費58.35km/L
費用:あかし多幸明石焼648円・道の駅あわじ生しらす丼850円道の駅あわじ海鮮天こ盛丼850円だったかな?温泉さんゆう〜館600円、吹上浜キャンプ場1400円お土産にあわじフルーツ玉ねぎ工房の玉ねぎ600円道の駅東浦ターミナルパークでも玉ねぎ390円

明石焼き、しらす丼、淡路の玉ねぎ、簡易郵便局めぐりそしてキャンプを目的として簡易郵便局開局時間9時を目安に6時半出発、小野市の4簡易郵便局を巡り明石へ、いつもの多幸(店横にバイク止めやすい)で明石焼き648円、ジェノバラインで淡路へ、やはり旬の生しらす丼850円をたいらげ、キャンプ場吹上浜に向かう、途中、20年ほど前に訪問した船瀬キャンプ場(当時年配のおじさんおばさん経営であった、また運悪く台風の大雨の中のキャンプ、翌日には晴天で波止から釣り糸垂れたら小さなフグがいっぱいつれたこと、キャンプ場土手にカニ穴が無数にあり、子供たちがカニと遊んだこと、いっぱいの思いであるキャンプ場がネット検索で2007年から閉鎖というのを知り、現在の状況を見たく寄り道・・・ネットで検索した通りFBIビーチインオートキャンプ場として再オープンしていました。でもネット検索で、おしゃれな若者たちの騒ぐ場所・・とあまり良い評判がなく、昔ながらのキャンプ場を好む私には向ていない。
事前に調べた三原温泉さんゆう〜館でゆっくりしイオン南あわじ店で食材購入後キャンプ場到着16時半、雨予報から早朝6時出発と考えていたが、スマホでは12時ごろから予報の為、すこしゆっくり目・・・と考えていたら8時半、急いで出発、途中国道28号添いには玉ねぎの看板があり、フルーツ玉ねぎ:玉ねぎ工房で600円、もう一カ所東浦ターミナルパークやま高でも玉ねぎ390円(少し小さめ)購入しジェノバライン乗り場到着10時3分ごろ、人気がないおじさんが次は11時20分やで・・・1時間以上も待つ??いつも偶然に乗船できたが、バイクが乗船できる船はまりんあわじのみとのこと・・・朝食はおにぎりだけだったので、海鮮天天こ盛丼、昨日道の駅あわじで見ていたもの食べに道の駅あわじへ、フェリーに乗り遅れなかったら食べれなかった海鮮天こ盛丼、おいしかったが、年齢か、胃もたれ・・・ジェノバの船中で雨が降ってきたのでカッパを着て明石到着、急いで帰宅14時過ぎ。今回の旅はよく食べ、玉ねぎもたくさん買ったツーリングでした。のんびりもしたし・・・

おくとろ温泉カブキャンプツーリング
平成29年05月15日16日(第3月火曜日)
ルート:
往路:国310・国371・龍神スカイライン・地735・国(酷)371・国311・地221・地37・国371・国42・地45・地44・国168・国169・おくとろ温泉キャンプ場
復路:おくとろキャンプ場・国169・国309・国169・国309
総走行距離:531.3キロ
給油状況&燃費: 半タン出発(先週ツーリング)堺市美原2.69L341円・田辺市鮎川2.6L353円・熊野川市日足2.74L381円・大阪市南津守3.6L450円
平均燃費:45.68km/L

先週に引き続き、今週もカブキャンプツーリング
4時半出発、先週も寒かったので夏用ライダージャケットにカッパ上下を着ての出発、でも寒い、高野山から龍神スカイラインは震えるほど、ハンドルヒーターも中で使用。
でも天気よく快適、今回は走りやすい国道を利用し、快適におくとろ温泉キャンプか、道なき道、特に宝泉岳や夕日の丘明倫など苦労してでも行きたいところに行くかと迷い、カブで酷道をゆっくり走ることにした。
龍神スカイラインは大型バイクが勢いよく走る中、上りではトロトロのカブ、龍神スカイラインからいつもの丹生ヤマセミ温泉むけに東に進み、トンネル手前で南へここからが酷道371、笠塔トンネルまでの間は国道整備工事中で、ダンプが走るからか、道路はあちこち穴だらけ、国道整備後は廃道になるのであろう、笠塔トンネル(何度か訪れている、天狗の欄干)あたりからは通行車両もほとんどなく快適、道の駅ふる里センター大塔南から地方道221、国道371へ前回通行止めであった百間山を通るルートはやはり通行止め(百間山キャンプ場までは通行可能)のため国道371をいったん南下し、北上、ここからが酷道371古座川町との県境あたりは大きなバイクでは石や枝、道路陥没等でバランスとりにくくカブでよかった、一部道路崩壊しガードレールが浮き、通行可能幅員が乗用車1台分程度。
古座川町平井集落のゆず平井の里でカツカレーを食べる。ここは廃校を利用したレストラン、とはいっても地元の方のお茶の場的な雰囲気、ほとんどの方が地元の方で会話も地元の話。でもここの穴場的な雰囲気、好きです。キャンプの食材調達のため串本へ、途中道の駅一枚岩で休憩しキャンプ場目指す、橋杭岩通過し、最大の目的地宝泉岳への酷地方道45号へ、前回通過したとき、苦労した記憶はないが、今回は大変、宝泉岳の南はカブでも通行困難なほど斜面が崩落し、道路は石に覆われる、でもこの宝泉岳は苦労してでも行きたい場所、宝泉岳の北側は比較的快適に走行、ガソリンが乏しくなってきた、串本で入れておけばよかった、国道168に出たところでガソリンスタンド発見給油、また地方道780に入ったところで和気浅里間通行止めとあり、この浅里という場所がどこなのかわからず、冒険し地方道780を北上し夕日の丘明倫を経由しおくとろ温泉キャンプ場へ向かうか、迷った(帰宅後確認すると、和気から浅里というのは和気の熊野川沿い南東方向10キロ地点で、北上する780号は通行可能であった模様)国道169号でおくとろ温泉到着、いつものポイントは先客があり奥のポイントでキャンプ、翌日は天気も良いが、やはり寒い、走り飽きたのでどこにもよらず国道利用し帰宅昼過ぎ。

五箇山相倉キャンプツーリング
平成29年09月18日19日(第3月曜日火曜日)
ルート:
往路:国308・国479・地8・地15・国1(第2京阪)・地15・地3・南郷IC・美濃・国156・国472・国257・地73・国158・高山西IC高山IC・国41・国472・471(酷道)・国471・国472・地341食糧調達引き返し・地341・国472.国471・地34・国156
復路:国156・国304・地27・地22・地45・国157・地33(休憩、白山天望の湯)地33・国157・国476・地201・地203・南郷SAスマートIC・宇治東IC・地241・国1(第2京阪)国479・国308
総走行距離:848.6キロ
給油状況&燃費: 4回給油総額5651円(山間部走行の為半分程度で早めの給油)
平均燃費:18.90km/L
南郷〜美濃2320円(休日)南条宇治東3300円(休日なら2450円)キャンプ500円食材1224円
夏が終わり、ツーリングの季節到来、月曜日はずーーと雨、特に9月17日日曜日午後に台風が大阪直撃(でも雨は降ったりやんだり。奈良や六甲あたりはかなり降ったらしい)、店は台風の影響か?暇でガレージ内でツーリング準備。
早朝5時起床(休日の為高速深夜割は休日割と同じ割引率)6時に南郷IC目指し新しいナビで出発、京治バイパスと並行する新国道1号(第2京阪道)を案内する(走りやすくまた休日早朝のためすいすい。南郷IC手前の山間部はやはり走りにくい、疲れる、遠回りにもなることから、次回は宇治東を利用しよう(宇治東美濃間休日2520円南郷美濃間2320円)伊吹関ヶ原あたりは寒く雨も降る、養老でカッパ着用、寒さ対策でこのまましばらく着用。
美濃からは快適に北上高山を北西方向に走る国道472.471の樽峠付近はガレ、枝葉、泥などあるうえにかなりの急坂、ツズラ折れ、狭いカーブに石や泥があり、XJRで苦労(次回は利用しないこと)越中八尾の日本の道100選到達16時過ぎ急いで食材店捜すがない、五箇山の北口商店は祝日しかも到着が18時ごろになると営業終了していると予想し、仕方なくさらに東の国道41号添いスーパーバローで食材調達、急ぎ五箇山方向に走る。キャンプ場到着やはり18時、明るかったが、テント設営の18時20分には真っ暗・・山の日暮れは早い。
北口商店は営業していた、次回からBBQではなく、北口商店食材で玉子焼き器の簡易コンロ料理をしよう。
キャンプ場入口に車とテントがあり、出入りしにくいことから、ライトアップされているという集落を見に行くことなく就寝、6時起床、朝もやの中、ナビ設定、帰路模索、10時ごろ出発し、簡易郵便局を3局めぐり、白山天望の湯で少し仮眠し、いつもの南条SAスマートの東の展望台を見て、クリがいっぱいでも皆カラ、クマかイノシシかサルが食べたか?
疲れたので南条から宇治東まで高速。帰宅21時過ぎ。
ほぼ2日間乗りっぱなしであった。疲れた。


春来てっぺんツーリング
平成29年11月13日(第2月火曜日連休中の月曜日)
大阪気温19度・7度
ルート:
往路:国43・地13・国176・氷上IC・青垣IC・国483・山東IC・養父IC・地6・地714・国9・地561
復路:地561・国9・地47・国178・地260・国178・国312・日高IC・山東IC・国483・青垣IC・氷上IC・国176・地77・国372・地12・地602・国173・木部IC・福島IC
総走行距離:409.3キロ
給油状況&燃費: ほぼ満タン出発、往路篠山JQuest給油予定にしたが、豊岡で122円という看板で給油したが、結果的に税抜き価格の表示であった14.19L、1731円給油、帰宅時2/5タンク燃費17.42km/L
費用:春来てっぺん・大盛りセット:1450円
阪神高速池田木部IC~福島IC:750円九条ICまでなら920円

連休だけど火曜日は雨予報の為、月曜日のみの日帰りツーリング
朝5時45分出発、いつもの春来てっぺん、新しいカーナビで春来てっぺんを目的地、ミズバショウ公園を経由地に設定し出発、いつもなら池田から道の駅猪名川方向を経由し篠山で国道176に出るのだが、ナビは池田からひたすら176を案内する、だいぶ整備され快適に走れるようになったがまだまだまだ混雑、猪名川経由の方がよかった、ミズバショウ公園で小一時間休憩し春来てっぺんへ、いつものそばセット大盛りをたいらげ、さて日本海に抜けるか・・・浜坂でカニ定食でも・・と向かったが、腹いっぱい、海でも見てあまるべから帰宅、北丹後豊岡自動車道日高IC(平成29年年3月25日開通)~山東ICまで無料区間、有料の遠坂トンネルを避け、無料の青垣IC~氷上ICを通行猪名川経由、阪神高速池田木部ICから混雑、高速道路上で停車、歩くような速度の為福島ICで降りる。帰宅17時過ぎ

みたらい渓谷紅葉日帰りツーリング
平成29年11月21日(第3月火曜日連休中の火曜日)
大阪気温12度・6度寒さを覚悟したが、温かかった。
ルート:国43・国25・国165(大和高田バイパス)・橿原高田IC~御所南IC(京奈和自動車道)・国309・みたらい渓谷から引き返す、地49・国168・国24五条IC~橋本IC京奈和自動車道・国371・国170・国480・地36・国26
総走行距離:192.7キロ
給油状況&燃費: 2/5タンクで出発、葛城市在家で12.27L1693円・帰宅後8.67L1178円給油燃費17.81km/L
費用:天川村かどや食堂とんかつ定食972円

先週に引き続き今週も連休だけど月曜日は雨の為、火曜日のみの日帰りツーリング
7時39分出発、ナビの指示するルートでツーリング、が、通勤時間と重なり(市外方向へはすいているかと思ったが)国道25号うんざり、国道165に抜け、一息、このあたりから紅葉を感ずる、道の駅ふたかみ當麻でトイレ休憩、ナビの指示で大和高田バイパスと京奈和自動車道経由(今回はXJR1300だけど、カブ110でこの道路通れるのだろうか?調べるとバイパスは生活道路なので通行可能、京奈和自動車道は自動車専用道路なので125未満のバイクは不可とのこと)国道309号、11月中旬の紅葉と呼ばれる時期には混雑したであろうが本日はすいているかと思ったら、工事用ダンプすれ違ったり、重機積載トラックが狭い国道をとろとろ、黒い排気ガス・・・・今どき黒い排気ガストラックはあまり見かけなくなったが、排ガス規制が奈良県緩いのか?久しぶりに排気ガスでうんざりしながらみたらい渓谷到着は11時23分いつもこの白倉トンネルあたりにバイクを止め散策するが、ひっきりなしにダンプや通る、天川村かどや食堂で名物とんかつ定食食べようか、洞川温泉センターでひとっぷろかと地方道21号へ、すぐ観音峯登山入口無料休憩所があり、停車、ここの景色はいい。人も車も少ない無料駐車場、登山道とあるので少し進み入ったが、ツーリング用のブーツなので滑る、あとから調べると先ほどのみたらい休憩所とは沢でつながっているようで、500Mほどの距離、滑りにくい靴なら歩けたかも?
そろそろはらぺこ、天川村かどや食堂とんかつ定食食べて帰ろう。

大山奥出雲宿泊ツーリング
平成30年3月12日13日(第2月火曜日連休日)
大阪気温12日15度4度・13日19度6度
ルート
往路:国43・国2・地42・宝塚ICから蒜山IC・国482・地36・地24・地52・地35・国180・地48・地108・地107・国314・地25・国182・地108・宿
往路:宿・地108・地312・地438・地33・国313・国180・国2・岡山ブルーライン・国250・国2・太子竜野バイパス・姫路バイパス・加古川バイパス・第2神明明石西・阪神高速伊川谷〜尼崎IC・国43
給油:@西伯郡伯耆町246.6km13.65L1925円A高梁市成羽町288.7km15.25L2135円B竜野市揖保川町175.6km9.12L1222円C帰宅後112.3km5.83L810円平均燃費18.75km
高速道路:宝塚ICから蒜山IC2660円深夜割引
     第2神明西明石伊川谷JCT110円
     阪神高速伊川谷JCTから尼崎IC1070円(距離制最大料金)

今期初ツーリング
高速道深夜割引の為2時起床、2時半出発(前日荷物積み込み済み)3時過ぎ宝塚IC直近すき家で朝食レジ3時7分、深夜割引既定の4時に十分余裕をもって宝塚IC入り、蒜山IC(7時前)降りて(郵便局開局時間や寒く凍結心配・・・実際米子道入ってから氷点下3度から5度、めちゃめちゃ寒く融雪剤の埃を巻き上げながら走行)趣味の日本の道100選大山道路到着8時49分、大山を右に左に前後に見ながら簡易郵便局めぐり、江府町俣野簡易郵便局近くで、きれいな学校発見、思わずバイクを止め写真、バイクの良さはすぐに路肩に止めれる、方向転換も狭い場所でできる(下り坂の時は苦労する)出雲坂根駅に差し掛かった時、スイッチバックという文字が目に、急きょ停車、駅を見ると、無人駅、でもスイッチバックってあっても、駅からは何も見えない・・・ただ、レールにはうっすらさび、時刻表見ると上下8本の運転、帰宅後調べると納得。利用客数も数名とのこと(ウィキペディア)この後、道の駅おろちループで本日泊めていただく知り合いに土産物買い、さらに神石町の簡易局2局めぐり宿着16時過ぎ、温かいかと思えば、日没後急激に冷え込む。翌朝も晴れ、日本の道100選と簡易局めぐり竜野バイパス姫路バイパス、加古川バイパス、第2神明明石西から伊川谷まで、阪神高速に乗り帰宅19時ごろ
総走行距離813.4km
訪問局数:岡山5局、鳥取5局、広島2局の合計12局
訪問日本の道:岡山2カ所制覇・鳥取1カ所の合計3カ所

わたらせ温泉ツーリング
平成30年04月02日(月曜日)
大阪の気温24度・14度
ルート:
往路:国43・国25・国309・国170・国310・国168・国311
復路:国311:地216・地198・国371(龍神スカイライン)・国371・国310・国26
総走行距離:350.6キロ
給油状況&燃費: ほぼ満タンクで出発、ガソリン代が高い和歌山での給油を避けるため堺市で給油、帰宅直前南津守で給油:平均燃費18.39km/L
費用:わたらせ温泉JAF割引600円
暖かくなり天気も良く、桜の時期、どこへ行こうか迷ったが例年満開の和歌山方向に走る、いつものコースをのんびり、大きなバイク、加速性はいいがコーナーではタイヤが限界近くまですり減ってるため特に慎重に・・・中型バイク400ccクラスがコーナーでは追い付いてくるが直線では引き離す、でも、私は走りに来たのではなく、のんびり景色を見に来たのだから、景色のいいところで停車・・・
若い時には似たようなことしていたなぁ・・・今は怪我が怖く、無理しない。慎重に・・・
10時ごろまではほほを差すような寒さであったが、昼頃には暖かく、帰路大阪県境あたりでは汗ばむ。帰宅は16時ごろ。
昨年はこの時期満開であったが、今年はすでに散りかけ


昨年は・・・上記に記載していますが・・・

昨年(平成29年)は4月3日だったのに満開近しとコメントしている・・・今年は桜は早かったのですね?

渡瀬緑の広場キャンプツーリング
平成30年04月16日17日(第3月・火曜日)
大阪気温19/10度20/11度
ルート:
往路:国43・国25・国309・国170・国310・国168・国311
復路:国311:地216・国371・国371(龍神スカイライン)・国480・地125・国480・地38・地204
総走行距離:350.8キロ(4月2日時350.6キロ少しルートが違ってもわずか200m差は偶然)
給油状況&燃費: ほぼ満タンクで出発、自宅まで少し不安があり、偶然見つけた安い看板に飛び込み11.09L¥1497帰宅直前南津守で8.78L¥1203:平均燃費17.63km/L
費用:渡瀬緑の広場キャンプ場730円・食材4151円

タイヤを前後共に交換後の初ツーリング、ひとかわ剥けるまで慎重にのんびりゆっくり、桜は種類が違うのか、まだ咲いている。
今月初めのツーリング時に目にした渡瀬緑の広場キャンプ場に向け走る。
今日は暖か、天気も16日17日とも最高・・と2日前までの予報であったが、確認しながら走行すると、どうやら17日火曜日午後からの雨予報というわけで、早く行き、早く帰ろう。
慣れた道、国道168号はきれいに整備され、食材調達予定の旧道の道の駅奥熊野古道ほんぐうを通り過ぎてしまし、引き返しても、キャンプ場到着は11時過ぎ・・・12時からのチェックインだけどすんなりチェックインし昼寝・・・が、キャンプ場日影がなく暑い食事しようにも日差しが強く暑くてうんざり。
翌朝7時25分出発、昨夜暗くなってから到着したカナダ人のツアラーはまだ寝てる。
この人、ため口でなれなれしく、おかしな人だと思ったらカナダ人の大学生、暗く顔もわからなかった。東京からの温泉ツーリングとのこと、日本語も、日本の地名も完全ではないのに楽しそうにツーリングしている。若いころはこうでなくちゃね・・酷道371?国道371の南の殿原から南下する道、地図では道が表記されていないが今や道は整備されすいすい、この天狗ー橋も橋脚も色あせさびが浮くほど整備されてから年数は経過しているのに、殿原の分岐点がわかりにくいからか、ほとんど通行車両はない。
龍神スカイラインを快適に走り国道480泉大津に出て北上、帰宅14時前







メール アイコン
問合わせ
トップ アイコン
トップ
取って置きの写真館/簡易湯便局めぐり
 
我が町九条

リンク