参学寺の紹介

参学寺とは?

参学寺は、鎌倉時代の高僧「明恵上人」の教えを実践する修行寺です。しかし、出家者のための寺院ではなく、在家の方々にも取り組んでいただけるやさしい修行ができるお寺です。

明恵上人 国宝「樹上座禅図」 国宝「樹上座禅図」(京都国立博物館)
明恵上人は華厳と密教を融合され「厳密の始祖」と言われている。夢を約40年間記録し「夢記」をあらわした稀有の高僧であり、また歌人としても有名で「月の歌人」と呼ばれている。

参学寺の特色

参学寺は、ほとんど檀家はありません。そのため、葬儀や法事を主とした活動をしておりません。ご先祖さまへの供養は大切にしておりますが、お釈迦さまが、葬儀をされず、生者への働きかけに、より重点を置かれたように「いかに生きるか」という自己探究(参究)ができる修行寺として活動しております。

修行方法

研修会

参究セミナー(月1回)

華厳経、無量寿経、理趣経、般若心経、維摩経などを原典から学ぶ仏典学習会です。月輪観密教瞑想法、ハタ・ヨーガ、瞑想、仏画の塗り絵などにも取り組んでいます。

ハタ・ヨーガ研修会(月4回)

毎週火曜日午後7時から8時30分まで。
8時30分から茶話会(30分)があります。(参加自由)
初回は無料で体験できます。(要予約)

護摩修法(毎月第2日曜日)

午後2時から3時(護摩の後に法話があります)。
家内安全、身心壮健、商売繁盛、心願成就などの祈願ができます。

参究塾(月2回)

グループカウンセリングの会。アートセラピー(絵画療法)などを通して自己探究する会です。自分らしく生きる道を探索する学習もします。

仏典童話の会(月1回)

とてもわかりやすいお経の中の童話を毎月ご紹介しています。
お経は童話の宝庫です。わかりやすいのに、とっても奥の深い、しかも智恵がつまったスグレモノの物語です。聞くと心が癒されます。仏教の真髄に触れたい方は、仏教入門として是非ご参加ください。お待ちしております。

交通案内

最寄駅からの道順南海電鉄
「天下茶屋」駅より徒歩3分
大阪市営地下鉄
堺筋線「天下茶屋」駅より徒歩3分
四つ橋線「岸里」駅より徒歩5分
四つ橋線「花園町」駅より徒歩10分