最新更新 2016.7.29
移転2001.7.1/開館 1999.9.4
(仮普請開館 1999.6.10)
Japanese only
 (+ 20259 +221000)
 
大 塩 の 乱 資 料 館 
OSHIO REVOLT ・ ОСИО РЕВОЛЮЦИЯ

ブログ 南阿蘇村の“おいしい丸葉山”
防災に強いモデル地区作り
熊本地震の現地から (研究会ゆかりの方が発起人)

古文書館
別  館
大塩事件研究会のブログ
   ●9月19日(月)大塩の乱関係資料を読む部会
 ★ 更新記録
 ★ 掲示板(閉鎖中)
 ★ サイトマップ
 ★ 大阪春秋 総目次・索引
 ★ なにわ大阪民俗資料館
 ★ 大阪の地震・津波資料館
 ★ なにわふくしま資料館

 ★ なにわWEB資料館



連載中
浪華江の芦』(完)(古文書館)
国府犀東『大塩平八郎
松林白猿『大塩平八郎』(完)
岡田播陽『最後のマッチ』(抄)(完)
井上哲次郎・ 蟹江義丸共編『日本倫理彙編 巻之3』(抄)
塩逆述』(附録)(最終巻)★
山田準『大塩中斎』 (完)

「大塩檄文」成正寺蔵

大塩檄文
 

    大塩の乱とは

天保8年(1837)2月19日早朝、大坂東町奉行所の元与力で陽明学者であった大塩平八郎中斎が、飢饉の最中幕府の役人と大坂の豪商の癒着・不正を断罪し、摂河泉播地域の窮民救済を求め、幕政の刷新を期して決起した事件。奉行所の与力・同心やその子弟、近隣の豪農とそのもとに組織された農民ら約300人を率いて「救民」の旗をひるがえし、天満の自宅から大坂城をめざしたが、わずか半日で鎮圧された。乱による火災は「大塩焼け」といわれ、市中の5分の1を焼失した。
当時配布された「檄文」は大名から民衆まで密かに伝わり、また、乱の情報は、大塩父子がしばらく潜伏し手配されたため、全国に広く伝わり、幕藩体制に大きな衝撃を与えた。明治維新の30年前である。
乱の参加者はほとんど捕らえられ、獄中で死亡した者が多かった。

今年は乱から160年、大塩平八郎ほか関係者多くの死後160年にも当たる。

大塩の乱のあとをたどる −マップでたどる大塩の乱−』
大塩の乱関係資料を読む会 編集
大塩事件研究会 刊 1997.9 より


このサイトは、「大塩の乱」についての情報を集積する場所として設けました。
大塩事件研究会の公式ホームページではありません。

★ 無断転載はご遠慮ください。★

リンクを張られる場合は、ご一報くださるとありがたいと思います。
http://www.cwo.zaq.ne.jp/oshio-revolt-m/
http://homepage3.nifty.com/oshio-revolt-museum2/
http://homepage3.nifty.com/oshio-revolt-museum/
「大塩の乱資料館」

主宰者・曾根崎新地のひろ
  
(大塩の乱関係資料を読む会会員)


協力◆大塩事件研究会 大塩の乱関係資料を読む会成正寺ほか

Copyright by 曾根崎新地のひろ


リンクしていただいているいくつかのサイト